FC2ブログ
(仮称)Dタワー豊洲新築工事 (ホテルJAL シティ東京 豊洲) #現地の様子 #建設状況201904 - 江東区の超高層ビル・タワーマンション

(仮称)Dタワー豊洲新築工事 (ホテルJAL シティ東京 豊洲) #現地の様子 #建設状況201904

  •   09, 2019 19:58
  •  0
  •  0
(仮称)Dタワー豊洲新築工事 (ホテルJAL シティ東京 豊洲) は東京都江東区豊洲で建設中の17階建て、高さ70.75mの超高層ビルです。
施設の高層部にホテル「ホテルJAL シティ東京 豊洲」(総客室数330室)、中層部に医療機能を入れる計画で、医療機能は東京五輪開催時に選手の急患を受け入れられる体制とし、開催後にはスポーツ医療、整形外科、リハビリテーションなどの施設として使うとのことです。

また、低層部にはスポーツ支援機能として高地トレーニングと同じ効果が得られる低酸素施設を備える「ハイブリッド・アスリート・トレーニングセンター」を設ける計画です。
東京五輪に向けた選手のトレーニングで使用するほか、開催後はスポーツクラブとして一般開放する予定となっています。




◆参考資料、引用元
「(仮称)Dタワー豊洲」概要決定
日刊建設工業新聞 大和ハウス工業/東京・豊洲に大型複合施設、熊谷組で10月下旬着工/ホテルや病院
ホテルJALシティ東京 豊洲 公式サイト













■概要
・名称  (仮称)Dタワー豊洲新築工事(ホテルJAL シティ東京 豊洲)
・計画名 (仮称)Dタワー豊洲新築工事
・name  (Tentative name) D Tower Toyosu new construction (Hotel JAL City Tokyo Toyosu)
・中文名 (暂定名称)D塔丰硕新建新建筑(日本航空酒店城市东京丰洲)
・所在地 東京都江東区豊洲二丁目15番12
・階数  地上17階、地下1階建て
・高さ  70.75m
・構造  鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
・総客室数 330室
・敷地面積 7,419.87㎡
・建築面積 3,753.65㎡
・延床面積 27,605.99㎡
・着工  2017年11月1日
・竣工  2019年7月下旬
・設計  伊藤喜三郎建築研究所
・建築主 豊洲六丁目4-1B開発特定目的会社
・施工  熊谷組
・最寄駅 市場前
(2019年4月2日撮影)







現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。










北東側から見た建設中の(仮称)Dタワー豊洲新築工事の様子です。

高層階にホテルJAL シティ東京 豊洲が入り、フロア構成はホテルロビーが1階、客室が6~16階となります。
レストラン・バーやオールデイダイニングが付帯施設として整備されます。











北西側から見上げた建設中の(仮称)Dタワー豊洲新築工事(ホテルJAL シティ東京 豊洲) の様子です。
建物は上空から見て高層部分がL字形状となっており、外観デザインはホテル建築特有の小窓がズラリと並ぶ外観となっています。









現地に掲載されている(仮称)Dタワー豊洲新築工事の外観完成予想パースです。


整理番号B-0628-02
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment