FC2ブログ
(仮称)ノリタケの森プロジェクト #現地の様子 #建設状況201905 #イオンモール名古屋ノリタケの森? - 都市型商業施設

(仮称)ノリタケの森プロジェクト #現地の様子 #建設状況201905 #イオンモール名古屋ノリタケの森?

  •   04, 2019 08:20
  •  0
  •  0
(仮称)ノリタケの森プロジェクトは愛知県名古屋市西区則武新町で計画されているオフィス複合型商業施設です。
ノリタケカンパニーリミテド本社工場跡地の再開発のうち、街区中央の商業地区にイオンモールによる今までの商業施設開発とは異なる新たなビジネスフォーマット“働く人と企業を支えるオフィス複合型商業施設”を構築し、その1号店として計画が進められています。

竣工、開業は2021年秋となっており、建築計画の概要が書かれた板などはありませんでしたが、まもなく着工されるものと思われます。





◆参考資料、引用元
イオンモールの新たな事業フォーマット オフィス複合型商業施設の開発計画 「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」について
ノリタケの森地区計画 地区計画(素案)の概要




◆過去の記事
→2019年4月9日投稿 (仮称)ノリタケの森プロジェクト













■概要
・名称  (仮称)ノリタケの森プロジェクト
・name  (Tentative name) Noritake no Mori Project
・中文名 (暂定名)则武森项目
・所在地 愛知県名古屋市西区則武新町三丁目
・階数  地上6階建て(※外観完成予想パースより判断)
・店舗数 ---
・敷地面積 約57,000㎡
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・店舗面積 ---
・竣工・開業 2021年秋
・建築主 イオンモール
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 亀島、栄生
(2019年4月10日、3月5日撮影)







参考資料から拝借した(仮称)ノリタケの森プロジェクトの位置図です。
ノリタケ本社工場跡地のうち、街区中央の約57,000㎡にて建設が行われます。








北東側から見た(仮称)ノリタケの森プロジェクトの建設予定地の様子です。
開発コンセプトは「コモン ベース」で、来街者、都市生活者、オフィスワーカーが自らの暮らしを磨くモノ・コト・ヒトに出会うことができる名古屋の新しい「生活基盤」を目指すものとされています。











北西側から見た(仮称)ノリタケの森プロジェクトの建設予定地です。
非常に広大な計画地で、西側街区で計画の進む19階建て、高さ58.07mの高層大規模マンション計画「名古屋市西区則武新町3丁目計画」も同じ区画として仮囲いされています。












南東側、隣接しているノリタケの森から見た(仮称)ノリタケの森プロジェクトの建設予定地です。

「インスパイアライフ(発見・体験)」と「アーバンリアルライフ(必需品・生活サービス)」に価値を置いた商業施設とする計画で、「ノリタケの森」や「トヨタ産業技術記念館」が近接する産業文化エリアに立地することから、 森を望むこだわりの飲食店など時間滞在型施設を導入することや都市部に不足しがちな暮らし機能の充実を図るを目標としています。










隣接しているノリタケの森です。
年間来場者数約31万人となっており、過去に食器などを生産していた1904年竣工の赤レンガ造の工場は現在、ショップやカフェ等に使われています。

緑豊かな都市空間の広がる都心近接の憩いの場となりそうです。









ミッドランドスクエア展望台から見た(仮称)ノリタケの森プロジェクトの計画地です。
最寄り駅の東山線亀島駅からは少し距離があり、ペデストリアンデッキや地下道の整備がなされれば人の動線的には良いですが、今のところそういった計画はないようです。


整理番号 (仮称)ノリタケの森プロジェクト201905
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment