FC2ブログ
東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくり #現地の様子 #開発状況201904 - 土地区画整理事業・宅地開発

東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくり #現地の様子 #開発状況201904

  •   08, 2019 07:24
  •  0
  •  0
東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくりは愛知県蒲郡市海陽町で行われている大規模リゾート都市開発で、1985年に策定された「海の軽井沢構想」を引き継ぎ、ラグーナ蒲郡を中心としたマリンスポーツやエンターテイメントなどのリゾートや教育施設、商業施設などが建ち並ぶ計画となっています。

約131.4haもの広大な土地を埋め立て、現在では海陽学園の教育施設やラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾートなどが建設されています。

2016年度には、愛知県、愛知県企業庁、蒲郡市、トヨタ自動車、ラグナマリーナが官民一体となって設置したラグーナ蒲郡地区まちづくり協議会において、地区のまちづくりの方針を示す「ラグーナ蒲郡地区 まちづくり・開発コンセプト」が策定され、現在では自動運転車の実証推進事業も行われています。





◆参考資料、引用元
蒲郡市 ラグーナ蒲郡地区まちづくり・開発コンセプトの策定について
ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート - リゾートトラスト






◆過去の記事
→2017年5月11日投稿 東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくり











■概要
・名称   東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくり
・開発面積 約131.4ha
・着工   ---
・完工   ---
・総事業費 ---
・計画戸数 ---
・計画人口 ---
・施工   ---
(2019年4月9日撮影)





参考資料から拝借した東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくりの計画図です。
西側エリアはラグーナ蒲郡などのある「エンターテイメントエリア」や「マリンスポーツ&レジャーエリア」、中央部に「リゾートマンションエリア」や「宿泊エリア」、東側に「商業エリア」、「教育エリア」という構成になっています。










北側の丘陵地帯から見た東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくりの様子です。









商業エリアの計画となっている東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくり北東側の様子です。
将来的には、大規模なショッピングモールの建設がなされるものと思われます。

参考資料からは、広大なオープンスペースや親水性を活かした、アウトドアやマリンアクティビティの魅力を体験できる商業サービスの提供を目指した施設が建設される方針となっています。









こちらは住商複合エリアとして計画されている場所です。
こちらもまだ空き地となっています。

計画では緑豊かでうるおいとゆとりのある住環境、ラグーナ蒲郡地区のくらしを支える生活利便サービス、事業活動を支える関連サービスの提供、新技術を活用した機能付き住宅の提供がなされることとなっています。







住商複合エリアの西側には、低層マンションか高齢者住宅と思われる建物が完成しています。
(建物名称の確認を失念しておりました)









弧を描いた広大な水路の東側には、教育エリアが広がります。

水路の中央の島状になっている箇所には「トヨタグループ蒲郡研修所KIZUNA」が建っています。
2016年11月に竣工した敷地面積48,832㎡、延床面積9,782㎡の教育施設です。










教育エリアは非常に広大でまだまだ空き地が広がります。
個人的には計画を変更し、和歌山マリーナシティのようなリゾートタワーマンションや戸建て大邸宅の並ぶ別荘地帯などでも良いのではないかと感じています。










三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくり南西側には、教育エリアの中枢を担う海陽学園(海陽中等教育学校)が建っています。

東海地方の企業が中心となり設立された全寮制の中高一貫制男子校です。










宿泊エリアには「ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」が竣工、2019年3月28日に開業しています。

完全会員制リゾートホテルで、海岸線に沿って描かれた「波」のような曲線と、海に向かって大きく突き出たダイナミックなフォルムが印象的な外観となっています。









こちらは奥の方は立ち入り禁止ですが、海に突き出た堤防です。
夏の青春を感じられる写真が撮れました。
もし彼女がいたら、こういう場所でポートレート写真を撮りたいですが、残念ながら立ち入り禁止です (し彼女もいません)。











西側のエンターテイメントエリア・マリンスポーツ&レジャーエリアには既にリゾート施設である「ラグーナテンボス」が営業しています。

2014年8月まではラグーナ蒲郡という名称で、世界コスプレサミットの開催期間中はラグコスとして、オールナイトイベントを行っていることで有名です。

東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくり地区の東側には商業と教育エリアが整備されます。

計画では、海やマリーナ等に面した空間では、海辺のリゾート地の魅力を活かした、リゾートマンションや戸建て別荘、短期滞在型の貸別荘、サービス付き高齢者向け賃貸住宅等の整備・供給、ヘルスケア関連施設や商業施設の誘致等により、海辺の景観以外にも魅力ある、ラグーナ蒲郡にしかないライフスタイル(QOL)の創出を図るという方針になっています。









ホテルの「ホテルラグーナヒル」です。
客室数15室、大浴場や世界最高レベルの温海水多機能プール「タラソプール」もあるホテルとなっています。









東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくりの中央に位置するリゾートマンションエリアです。
「ラ・メルカーサ」という12階建て4棟構成、総戸数323戸、蒲郡海洋開発、豊田通商によって分譲された高層大規模マンションが建ち並びます。










碧々とした海がとても素敵でした。
こちらも開発が上手く進んでいくと良いですね。


整理番号 土地区画整理 東三河都市計画 ラグーナ蒲郡地区まちづくり201904
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment