FC2ブログ
銀座線渋谷駅改良工事、移設工事 #現地の様子 #建設状況201905 - 高架化事業・駅整備・既存路線新駅設置

銀座線渋谷駅改良工事、移設工事 #現地の様子 #建設状況201905

  •   14, 2019 08:40
  •  0
  •  0
銀座線渋谷駅改良工事、移設工事は渋谷駅街区基盤整備に合わせてリニューアルが進められており、現在の駅の位置から表参道方面へ約130m移設を行い、明治通り上空に「銀座線渋谷駅」を新設する工事です。

現在は線路両側にホームがある対向式ホームで乗車用ホームと降車用ホームで異なりますが、新しい駅は島式ホームとなり、今までの乗車用と降車用の区別が無くなる計画となっています。
また、ホーム幅を拡大することでホーム上の混雑緩和を図るとともに、ホームドアの設置も行われる予定です。





◆参考資料、引用元
東京メトロ 銀座線渋谷駅改良工事編
銀座線渋谷駅移設に伴う線路切替工事のため銀座線 渋谷~表参道駅間、青山一丁目~溜池山王駅間を運休します2018年5月3日(木・祝)~5日(土・祝)3日間終日











■概要
・名称   銀座線渋谷駅改良工事、移設工事
・name   Ginza Line Shibuya Station improvement work
・中文名  银座线涩谷站改善工作
・開発箇所 東京都渋谷区渋谷
・所属路線 東京メトロ銀座線
・着工   2009年1月
・竣工   2019年度(新ホーム供用開始)
・開業予定 ---
(2019年5月8日、4月2日撮影)





銀座線渋谷駅東側の様子です。
東京メトロのシンボルマークであるハートMを模したM型屋根が完成してきています。
格子状に並ぶ白い躯体が特徴的です。








現在はまだホームの移転がなされておらず、このように仮設設備のままです。
屋根部分も仮設の屋根で覆われており、こちら側はM型屋根を確認できませんでした。










渋谷ヒカリエから見た銀座線渋谷駅です。
こちらから見ると、M型屋根の様子をしっかり確認できます。
屋根上部には、スカイデッキと呼ばれる自由通路も整備され、渋谷駅の乗り換え、渋谷ヒカリエやスクランブルスクエアなどとの行き来ができるようになります。









ホームからは仮囲いなどの仮設設備で見えなかった外装材も取り付けが進んでいることがわかります。









現在の銀座線渋谷駅の混雑状況です。
東京メトロ渋谷駅の一日平均乗降客数は22万4,784人となっており、朝の通勤通学時間帯にはホームが人で埋め尽くされ、線路への転落などの危険もあります。
2019年度下期にはホームの移転がなされ、ホーム幅は従来の約1.7倍へ拡幅しホーム上での混雑を緩和させるほか、ホームドアの設置から安全対策も行われます。










高架下の柱も特徴的な形状のものになっていました。


整理番号 銀座線渋谷駅改良工事、移設工事201905
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment