FC2ブログ
品川イーストシティタワー #竣工 - 品川区の超高層ビル・タワーマンション

品川イーストシティタワー #竣工

  •   24, 2019 19:55
  •  0
  •  0
品川イーストシティタワーは東京都品川区東品川に建つ26階建て、高さ93.650m、総戸数363戸の超高層タワーマンションで、京浜運河を挟んだ向かい側には天王洲アイルという立地です。
隣接する「シティテラス品川イースト(14階建て、総戸数254戸)」は一団地認定を受けており、建物の意匠デザインは連続性あるものとなっています。

共用施設には、スカイラウンジやプライベートデッキ、フィットネスルーム、ゲストルーム、コンシェルジュ、キッズルーム、パーティールームなどが入ります。












■概要
・名称  品川イーストシティタワー
・計画名 (仮称)品川ベイサイド大規模タワープロジェクト
・name  Shinagawa East City Tower
・中文名 品川东城大厦
・所在地 東京都品川区東品川五丁目9番2
・階数  地上26階、地下1階階建て
・高さ  93.650m(高さ89.450m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 363戸
・敷地面積 3,364.01㎡
・建築面積 1,830.41㎡
・延床面積 34,992.12㎡
・着工  2016年3月末日
・竣工  2018年7月11日
・建築主 住友不動産
・設計  長谷工コーポレーション
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 品川、天王洲アイル
(2019年4月23日撮影)





南東側から見上げた品川イーストシティタワーの様子です。









北東側から見上げた品川イーストシティタワーの様子です。
運河沿いということで、地下約30m~約31m以深、最大N値50以上の強固な地盤を支持層とした基礎杭が36本打ち込まれています。

また、工場溶接の溶接閉鎖型帯筋が用いられているほか、耐震ドア枠や共用部の一部設備(非常用エレベーター、共用部照明の一部、共用部オートドアの一部、住戸への給水など)を約48時間(法規制2時間含む)稼動させるための非常用発電機などの災害対策がなされています。










敷地北側には公開空地の「憩いの広場」があります。
なお、隣接するシティテラス品川イースト側にはプライベートデッキという運河に面したデッキ広場もあり、一体開発のため、居住者はこちらも利用可能となっています。









建物構造は免震構造となっており、積層ゴム、弾性すべり支承とダンパーを用いた免震装置によって地震時の揺れを軽減させる構造となっています。
このように建物と基礎は切り離されており、地下のピットに設置された積層ゴムによって連結されています。










エントランスと車寄せです。
大理石張りの空間で車寄せ部分には、厚みの薄いキャノピーが設置されています。











品川イーストシティタワーの頂部の様子です。
20階にはスカイラウンジがあり、一面ガラス張りの外観からも想像できる通り、最上階の26階にはプレミアムプランが広がります。









京浜運河越しに見た品川イーストシティタワーとシティテラス品川イーストの様子です。
品川イーストシティタワーとシティテラス品川イースト合わせて総戸数617戸が天王洲アイル隣接地に供給されています。



整理番号B-0843-01
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment