FC2ブログ
THE COURT 神宮外苑 (ザ コート神宮外苑) #現地の様子 #建設状況201905 - 渋谷区の超高層ビル・タワーマンション

THE COURT 神宮外苑 (ザ コート神宮外苑) #現地の様子 #建設状況201905

  •   21, 2019 06:46
  •  0
  •  0
THE COURT 神宮外苑 (ザ コート神宮外苑)は東京都渋谷区神宮前、新国立競技場南側で建設中の23階建て、高さ85.50m、総戸数409戸のタワーマンションで、外苑ハウスの建て替えによって建設されています。

外苑ハウスは1964年の東京五輪時に日本住宅公団(現、都市再生機構)が外国報道機関向けの宿舎として建設し、大会後に住宅として分譲したもので、解体前の建物は地上7階、地下1階建て、総戸数196戸のマンションでした。





◆参考資料、引用元
THE COURT 神宮外苑 公式サイト
日刊建設工業新聞 外苑ハウス建替(東京都渋谷区)/施工は大林組に/組合、20年5月末完成めざす






◆過去の記事
→2019年2月10日投稿 THE COURT 神宮外苑 (ザ コート神宮外苑)












■概要
・名称  THE COURT 神宮外苑 (ザ コート神宮外苑)
・計画名 (仮称)外苑ハウス建替え計画
・name  THE COURT Jingu Gaien
・中文名 法院神宫外苑
・所在地 東京都渋谷区神宮前2丁目霞ヶ丘町付近土地区画整理事業施行地区内1街区符号神二2番10および霞16番3
・階数  地上23階、地下1階建て (建築基準法上:地上22階、地下2階建て)
・高さ  85.50m (軒高または建築物高さ:80.00m)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 409戸(販売総戸数180戸、事業協力者戸数229戸含む)
・敷地面積 8,754.00㎡
・建築面積 3,474.93㎡
・延床面積 59,156.18㎡
・着工  2017年10月2日
・竣工  2020年5月31日
・建築主 外苑ハウスマンション建替組合
・設計  日建設計、日建ハウジングシステム、アール・アイ・エー、大林組共同企業体
・施工  大林組
・最寄駅 外苑前、国立競技場、千駄ヶ谷、北参道
(2019年5月14日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。









北西側から見た建設中のTHE COURT 神宮外苑 (ザ コート神宮外苑)の様子です。
共用施設には、ヒーリングフォレストルームやテラス、パーティールーム、ゲストルームなどが入ります。











23階建てで延床面積59,156.18㎡という巨大なタワーマンションで、非常に太さがあります。
新国立競技場がA-2街区で建設が進められている「神宮外苑地区地区計画」のうち、唯一の住宅街区となるA-5街区にて建設が進められており、再開発エリア内で最も高い建物となります。









東側から見上げた建設中のTHE COURT 神宮外苑 (ザ コート神宮外苑)の様子です。
建物は鈍角のV字型をしており、こちらから見ると細いタワーマンションに見えます。

間取りは専有面積55.43㎡~144.00㎡、1LDK~3LDKとなっており、販売価格は2019年5月18日時点では未定でしたが、恐らく最高で十数億円になるのではと思われます。









白い軒の出たバルコニーと暗色系の色を使用した外観デザインとなっています。











南西側から見た建設中のTHE COURT 神宮外苑 (ザ コート神宮外苑)の様子です。

キーワードは緑を取り込む“Seamlessシームレス”、躍動を描く“Wellnessウェルネス”、空間の質を高める“Sensitiveセンシティブ”から、その象徴として「リボン」をデザインモチーフに採用しており、曲線を用いた外観デザインが特徴的です。










東側から見上げた建設中のTHE COURT 神宮外苑 (ザ コート神宮外苑)の様子です。
こちらから見ると、V字形状がよくわかりますね。


整理番号B-0726-02
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment