FC2ブログ
横浜市山下ふ頭 IR(統合型リゾート)等誘致による新たな戦略的都市づくり検討 #現地の様子201905 - 都市開発

横浜市山下ふ頭 IR(統合型リゾート)等誘致による新たな戦略的都市づくり検討 #現地の様子201905

  •   02, 2019 07:12
  •  0
  •  0
2018年7月20日に特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)が成立し、大阪や長崎が有力な候補地として計画が進められていますが、首都圏では横浜を中心に誘致の検討がなされています。

神奈川県横浜市の山下ふ頭では、IR(統合型リゾート)等誘致による新たな戦略的都市づくりが検討されており、中核施設としてはガジノなどの基幹施設のほかに国際会議など開催可能な「MICE施設」、日本の伝統文化・芸術など魅力を発信する「魅力増進施設」、移動手段となる「送客施設」、客室の床面積合計が10万㎡以上の「宿泊施設」が求められています。







◆参考資料、引用元
横浜市 IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくりの検討
横浜市 山下ふ頭の再開発






出典:横浜市






■概要
・名称  山下ふ頭 IR(統合型リゾート)等誘致による新たな戦略的都市づくり検討
・name   Yamashita Pier Study on creating a new strategic city by attracting IR (Integrated Resort) etc.
・中文名 山下码头通过吸引IR(综合度假村)等创建新战略城市的研究
・所在地  神奈川県横浜市
・開発面積 約47.0ha
・着工  ---
・開業  ---
・建築主 ---
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 元町・中華街
(2016年~2019年撮影)







参考資料から拝借した山下ふ頭再開発のゾーニングマップです。

出典:横浜市







横浜ランドマークタワー展望台から見た山下ふ頭の様子です。
山下ふ頭は1963年に外貿のための埠頭として完成し、高度成長期の横浜港を支える主力埠頭として重要な役割を果たしています。

上屋や倉庫が数多く立地しており、近年では本牧ふ頭など主要埠頭を補完する物流機能を担っており、将来的にこの物流機能は横浜ベイブリッジより外側に位置する「大黒ふ頭」や「本牧ふ頭」などに移転します。









コンセプトイメージ1/5:ハーバーリゾートへの旅

…それはまるで世界へ出航する帆船のように、横浜IRは横浜に新たな風景をつくります

出典:横浜市







コンセプトイメージ3/5:「新しい顔」「新たな人の場」「新リゾート」計画

…みなとみらい21地区を含む横浜と調和した、世界に誇れる象徴的な都市景観を創出。
水と緑を感じ魅力的な賑わいのある公共空間の形成。
多様な集客機能を複合させ、非日常的な体験のできるリゾート。

出典:横浜市








コンセプトイメージ4/5:「GREEN VEIL」

…周辺の自然環境とIR施設全体を立体的に結び付け、景観や環境にやさしいIRを実現。

出典:横浜市









コンセプトイメージ5/5:Yokohama Art & Culture Park and Entertainment Resort

…市民と観光客のインスピレーションを喚起し、交流を図り、芸術、文化、エンターテイメントの新たなイノベーションの「波」を起こしていく。

出典…:横浜市








山下ふ頭の北側にある大さん橋こと、「横浜港大さん橋ふ頭」です。
横浜港大さん橋国際客船ターミナルから構成され、横浜港における国内及び外国航路の客船の主要発着埠頭となっています。

横浜港の象徴的存在であると同時に、横浜市や横浜港における主要観光地としても機能しています。



整理番号 都市開発 横浜市山下ふ頭 IR(統合型リゾート)等誘致による新たな戦略的都市づくり検討 #現地の様子201905

スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment