FC2ブログ
ザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワー #現地の様子 #建設状況201906 - 札幌市の超高層ビル・タワーマンション

ザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワー #現地の様子 #建設状況201906

  •   08, 2019 07:18
  •  0
  •  0
ザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワーは北海道札幌市東区のJR苗穂駅北口で建設中の27階建て、高さ89.45m、総戸数300戸の超高層タワーマンションで、札幌市苗穂駅北口開発整備事業として進められている「苗穂ステーションパークプロジェクト」の核として建設されています。

JR函館本線と千歳線の苗穂駅から空中歩廊(ペデストリアンデッキ)で直結するほか、隣接してサービス付き高齢者住宅や商業施設も整備される計画です。







◆参考資料、引用元
ザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワー 公式サイト






出典:公式サイト






■概要
・名称  ザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワー
・計画名 苗穂駅北口西地区優良建築物等整備事業共同住宅棟及び空中歩廊棟
・name  The Grand Alto Sapporo Naeho Station Tower
・中文名 大奥拓札幌苗穗站塔楼
・所在地 北海道札幌市東区北五条東10丁目16番4
・階数  地上27階、地下2階建て
・高さ  89.45m
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 300戸 (他に、スカイラウンジ1戸、コミュニティルーム1戸、ゲストルーム1戸)
・敷地面積 8051.18㎡
・建築面積 1,665.56㎡(街区全体:2,460.56㎡)
・延床面積 32,897.75㎡(街区全体:33,667.13㎡)
・着工  2018年8月上旬頃
・竣工  2021年1月29日
・建築主 大京、住友不動産、北海道旅客鉄道
・設計  西松建設
・施工  西松建設
・最寄駅 苗穂
(2019年6月5日撮影)







現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。








参考資料から拝借した配置図です。

出典:公式サイト






北西側から見た建設中のザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワーの様子です。









撮影時は2~4階付近の躯体を施工しており、構造は制震間柱を用いた制震構造となっているほか、苗穂周辺の良好な地盤から直接基礎工法が使われています。

こちらから確認すると現場打設で施工されており、公式サイトには溶接閉鎖型帯筋が用いられているとのことです。











南側から見た建設中のザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワーの様子です。










南東側、苗穂駅自由通路から見た建設中のザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワーの様子です。








新築された苗穂駅北口駅舎と建設中のザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワーの様子です。









札幌駅前のJRタワー展望台から見た建設中のザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワーの様子です。










最後は引きで見た苗穂駅北口の様子です。
札幌駅から1駅3分の距離で、北口側には大規模ショッピングモールの「アリオ札幌」もあり、非常に利便性が高いことから、近年、駅周辺での再開発が進められており、3棟のタワーマンションが建設中となっています。

また、既に竣工したものを合わせると合計4棟のタワーマンションが建てられており、“札幌の武蔵小杉”とも呼べるような街並みとなってきています。


整理番号B-0855-01
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment