FC2ブログ
(仮称)アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉 #現地の様子 #建設状況201905 - 墨田区の超高層ビル・タワーマンション

(仮称)アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉 #現地の様子 #建設状況201905

  •   20, 2019 19:19
  •  0
  •  0
(仮称)アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉は東京都墨田区の両国にある国技館の北東側で建設中の31階建て、高さ108m、総客室数1,111室の超高層ホテルで、東京都内のアパホテルで最も規模の大きなホテルとなります。





◆参考資料、引用元
東京都内最大級アパホテルアパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉本日起工式開催






◆過去の記事
→2018年3月17日投稿 (仮称)アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉












■概要
・名称  アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
・計画名 (仮称)アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
・name  Apa Hotel & Resort 〈Both country station〉
・中文名 APA酒店及度假村〈两国站塔〉
・所在地 東京都墨田区横網1丁目12番5
・階数  地上31階、地下2階建て
・高さ  108m
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 3,090㎡
・建築面積 1,300㎡
・延床面積 25,250㎡
・着工  2017年8月3日
・竣工  2020年2月29日
・建築主 アパ
・設計  新居千秋都市建築設計
・施工  熊谷組
・最寄駅 両国
(2019年5月28日撮影)









現地に掲示されている建築計画の概要が書かれた板です。











現地仮囲いに貼られている(仮称)アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉の外観完成予想パースです。












南側から見上げた建設中の(仮称)アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉の様子です。

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉の設計には建築家である新居千秋氏を採用し、外観デザインについては、両国という地域特性に調和した景観形成を目指し、この地域に縁のある葛飾北斎の「新形小紋帳」をモチーフとして窓まわりに円形の石材を配置するなど、日本を感じさせる暖かみのある表情を生み出しています。












南西側から見た建設中の(仮称)アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉の様子です。

コンセプトは、都会に居ながらも安らぎを感じることができる「アーバンリゾート」となっており、地下1階には約660㎡の大型の露天風呂付き大浴殿(宿泊者用)を設置する他、最上階(31階)には隅田川を見渡すことができる展望レストランとともに、その屋上テラスには屋外プールを併設するようです。

また、4階には約640㎡、最大約260名収容の大型レストランを設置し、2階には墨田区の観光情報を掲示する観光インフォメーションカフェ及びコンビニエンスストアを設置する他、3階には墨田区に無償貸与する防災倉庫を設置するなど、地域に貢献できる施設となることを目指しているようです。












西側から見た建設中の(仮称)アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉の様子です。









低層部分は軒が飛び出た特徴的な外観となり、柱も斜材が用いられています。


整理番号B-0616-02
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment