FC2ブログ
平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業 (イオンモール平塚、相模小学校移転) #現地の様子 #施行状況201906 - 土地区画整理事業・宅地開発

平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業 (イオンモール平塚、相模小学校移転) #現地の様子 #施行状況201906

  •   14, 2019 07:00
  •  0
  •  0
ツインシティ土地区画整理事業は東海道新幹線新駅を誘致している神奈川県寒川町倉見地区と、相模川を挟んだ神奈川県平塚市大神地区を新しい橋で結び、川の東西両地区を一体とした都市(双子の都市)として計画している土地区画整理事業です。

そのうち、平塚市側では、平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業として、約68.8haの農地や荒れ地が区画整理され、産業用地や商業用地、住宅用地などからなる環境共生都市を形成することを目的とした都市開発が進められています。





◆参考資料、引用元
平塚市 ツインシティ
イオンモール平塚
「(仮称)イオンモール平塚」の開発計画について
ツインシティ 公式サイト






出典:平塚市




■概要
・名称   平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業
・name  Hiratsuka city planning project Twin city Okami district land readjustment project
・中文名 平冢城市规划项目双城市冈口地区土地区划整理事业
・開発面積 約68.8ha
・着工   2015年8月28日
・完工   2030年3月31日
・総事業費 ---
・計画戸数 ---
・計画人口  約3,300人 (従業人口:約6,600人)
(2019年6月12日撮影)










平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業の設計図、用途配置図です。

出典:平塚市







平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業全体の完成予想パースです。

出典:平塚市







南東側から見た造成の進む平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業の様子です。
南東側から東側にかけて主に住宅系の用途区分となっており、戸建て住宅地の並ぶエリアとなります。

まだ、宅地開発業者が決まっておらず、区画整理組合からの土地売却の場合、各ハウスメーカーの注文住宅が建ち並ぶ可能性があります。
そうなった場合は外構などで街並みを統一できると良いですね。









東側から見た平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業の様子です。










平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業から東側方向へは都市計画道路が整備され、寒川町・倉見駅方面へはツインシティ橋も計画されています。

また、駅から遠い大神地区はバスでのアクセスとなるため、トランジットセンター(バスターミナルなどの交通結接点)も整備される計画です。










北側から見た平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業の様子です。
すぐ隣接して北側は田園地帯が残ります。
現在はこのように延々と仮設ネットが張られています。









平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業を南北に貫く国道129号線です。
国道129号線より西側は主に産業系の用途区分となっています。

物流センターや倉庫関係の建物が並ぶものかと思われます。











こちらの交差点から平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業の東西を貫く道路が整備されます。









区画整理地西側の産業系用地では、既にJFEシビルと三井不動産によって巨大な倉庫の建設が進められています。












●イオンモール平塚
平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業の中核施設として大規模ショッピングモールの「(仮称)イオンモール平塚」が計画されています。

「“人”と“緑”と“未来”をつなぐ おおかみの杜」を開発のコンセプトに、ツインシティ整備計画がめざす環境と共生する都市づくりに賛同し、新しいライフスタイルとエクスペリエンス(体感)と発見のある商業施設を目指すものとされています。

出典:イオンモール






■概要
・名称  イオンモール平塚
・name  Aeon Mall Hiratsuka
・中文名 永旺购物中心平冢
・所在地 神奈川県平塚市大神(ツインシティ大神地区土地区画整理事業予定地)
・階数  ---
・店舗数 ---
・敷地面積 約126,000m²
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・店舗面積 ---
・竣工・開業 2020年以降
・建築主 イオンモール
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 倉見








イオンモール平塚の建設予定地です。
現在は造成工事が進められています。









イオンモール平塚の配置計画図です。
トランジットモールと一体となった魅力的な複合系の土地利用として計画されています。

出典:ツインシティ大神地区土地区画整理 複合系商業施設 施設イメージ図







周辺では少しずつ道路造成も進められていました。









平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業では、相模小学校の移転も行われる計画で、区画整理地内南東側に敷地が確保されています。











東海道新幹線です。
相模川を挟んだ東側、JR相模線倉見駅周辺に新駅の誘致が進められています。








相模川河川敷です。
この辺りに(仮称)ツインシティ橋が建設される計画となっています。
まだ用地買収などは進んでいないように見えましたが、実際どうなるのか気になるところです。

橋部分は幅員24mで公共交通と一般交通の計4車線となるようですが、最低でも歩行者専用で海老名のような歩く歩道が確保できれば、倉見駅へのアクセスも比較的楽になりそうなところです。








河川敷には野良猫が結構いました。
平和な街っぽいですね。


整理番号 平塚都市計画事業 ツインシティ大神地区土地区画整理事業 (イオンモール平塚、相模小学校移転も) #現地の様子 #施行状況201906
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment