FC2ブログ
大同生命札幌ビル #現地の様子 #建設状況201906 - 札幌市の超高層ビル・タワーマンション

大同生命札幌ビル #現地の様子 #建設状況201906

  •   21, 2019 07:03
  •  0
  •  0
大同生命札幌ビルは北海道札幌市中央区で建設中の14階建て、高さ64.70mの超高層ビルで、制震構造の採用やBCP対策としての72時間対応非常用発電機による貸室への電力供給計画などが特徴となっています。





◆参考資料、引用元
大同生命札幌ビル建築計画について







出典:ニュースリリース





■概要
・名称  大同生命札幌ビル
・計画名 大同生命札幌ビル
・name  Daido Life Sapporo Building
・中文名 大同人寿保险札幌大厦
・所在地 札幌市中央区北三条西3丁目1番1
・階数  地上14階、地下2階建て
・高さ  64.70m (建築物高さ:60.00m、軒高:58.44m)
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 2,020.04㎡
・建築面積 1,692.68㎡
・延床面積 23,879.31㎡
・着工  2018年6月1日
・竣工  2020年春
・建築主 大同生命保険
・設計  日建設計
・施工  大林組
・最寄駅 さっぽろ、札幌
(2019年6月5日撮影)





現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。










参考資料から拝借した位置図です。

出典:ニュースリリース








南西側から見た建設中の大同生命札幌ビルの様子です。









ダンパーのブレースが設置されています。
大同生命札幌ビルはBCP(事業継続計画)対策のなされた超高層ビルとなる計画で、制震構造の採用のほか、72時間電力供給可能な非常用発電機も設置されます。











南東側から見た建設中の大同生命札幌ビルの様子です。
撮影時は3階の鉄骨建方が進められていました。








北東側から見た建設中の大同生命札幌ビルの様子です。









すぐ近くには1888年竣工の北海道庁旧本庁舎が建っており、札幌都市圏の中枢を担うエリアでもあります。


整理番号B-0868-01
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment