FC2ブログ
国家戦略特区に追加提案がなされた「新宿駅西口地区」 #大規模再開発 #小田急 #現地の様子 - 都市開発

国家戦略特区に追加提案がなされた「新宿駅西口地区」 #大規模再開発 #小田急 #現地の様子

  •   29, 2019 13:10
  •  2
  •  0
2019年5月31日に開かれた内閣府の第26回東京圏国家戦略特別区域会議において、千代田区の「東池袋一丁目」、新宿区の「新宿駅西口」、千代田区の「内神田一丁目」、港区の「虎ノ門一丁目東」の4地区で行われる都市再生プロジェクトが国家戦略特区に追加提案されました。

新宿駅西口地区の事業主体は小田急電鉄と東京メトロで、新宿駅は都施行の土地区画整理事業による再編整備が2020年以降に計画されています。
再編整備に合わせ、再開発を進め、重層的な歩行者ネットワークや立地特性を生かしたビジネス創造発進施設を整備する計画です。




◆参考資料、引用元
日刊建設工業新聞 東京圏国家戦略特区会議/新宿駅西口地区など4プロジェクト追加提案
「新宿の拠点再整備方針~新宿グランドターミナルの一体的な再編~」
内閣府 資料3 東京都提出資料







出典:内閣府






■概要
・名称  新宿駅西口地区
・name   Shinjuku Station West Exit Area
・中文名 新宿站西口区
・所在地  東京都新宿区西新宿1丁目1番
・敷地面積 ---
・着工  ---
・竣工  ---
・建築主 小田急電鉄、東京メトロ
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 新宿、新宿西口、西武新宿
(2019年5月22日撮影)







参考資料から拝借した位置図です。
対象地域は小田急百貨店新宿店のある場所で、1966~67年竣工の築50年以上の古いビルが建っています。

出典:東京都








南西側から見た現在の新宿駅西口地区の様子です。
1966年竣工の新宿地下鉄ビルディング(地上8階、地下3階建て)と1967年竣工の小田急新宿駅ビル(地上14階、地下2階建て)の2棟から構成されています。








小田急新宿駅ビルの設計は「坂倉準三建築研究所」です。








参考資料から拝借した完成予想パースです。
新宿駅線路上空に東西デッキを新設するほか、バスターミナル付近も整備され、駅前広場が設けられる計画です。

出典:東京都







JR線路上空に、グランドターミナルの核となる広場空間を創出するほか、広場と建物が一体となり、デッキから地下まで人の動きが立体的に感じられる新宿テラス(East・West・North)の整備も検討されています。

出典:東京都






隣接して西側にはビックカメラ新宿西口店があります。こちらも再開発がなされるか気になりますね。









京王百貨店新宿店が入る1964年竣工の「京王ビル」も一体的に再開発されるのでしょうか。


整理番号 国家戦略特区に追加提案がなされた「新宿駅西口地区」 #大規模再開発 #小田急 #現地の様子
スポンサーサイト
広告

2 Comment

きりぼう  

Re:

そのお気持ち、めちゃくちゃわかります。
国家戦略特区と名付けて開発している再開発エリアも見て回ってますが、新興国だとごくごく普通の都市開発レベルなんですよね。
国家戦略特区というならば、せめて何らかの分野でアジアトップでなければ話になら無いと思います。

2019/07/06 (Sat) 21:26 | EDIT | REPLY |   

おろろN  

最近国家戦略特区てのがなんか再開発のハク付け程度のモノに見えてきました。
国家戦略特区と銘打つからにはまだ他の国地域が手も付けてない先進的な何かを試行するぐらいの事をしてほしいです。

2019/07/06 (Sat) 11:07 | EDIT | REPLY |   

Post a comment