FC2ブログ
JRタワー展望台から見た大通公園や中島公園などのある南側の景色 - ■ 風景写真

JRタワー展望台から見た大通公園や中島公園などのある南側の景色

  •   08, 2019 12:36
  •  0
  •  0
札幌駅に直結しているJRタワーの最上階38階には、「JRタワー展望室T38 (タワー・スリーエイト)」という展望台があります。

南側には、札幌都市圏の中心部、すすきの、大通公園、中島公園を望めるほか、西側は北海道大学や手稲山、北側は石狩湾を望めます。

入場料金は大人720円、中・高校生500円、小学生・幼児 300円、3歳以下は無料となっています。













JRタワー展望台から見た南側全景です。
人口236万人の札幌都市圏の中心部となっており、碁盤の目状の街並みが広がります。










すぐ南西側目下には、北海道庁や23階建て、高さ99.8 mの超高層オフィスビル「日本生命札幌ビル」、20階建て、高さ99.95mの超高層オフィスビルの「札幌三井JPビルディング」が建ち並びます。

札幌のビジネスエリアとなっており、雰囲気はまるで東京・丸の内のような光景です。










JRタワー展望台から見た27階建て、高さ131 mのさっぽろ創成スクエアです。

「札幌創世1.1.1区(さっぽろそうせいさんく)北1西1地区第一種市街地再開発事業」として建設が行われ、公共施設となるホールや図書館、アートセンターで構成する複合施設や駐輪場に加え、民間施設となる事務所、放送局、駐車場などが入居しています。









中島公園付近のタワーマンション群です。
豊平川沿いに広がる中島公園は地下鉄南北線でさっぽろから3駅5分の距離で、周辺には約10棟の超高層タワーマンションやホテルが林立しています。









中島公園方面を拡大してみます。
結構、緑豊かな街並みですね。











JRタワー展望台から見た札幌都市圏随一の繁華街「すすきの」です。
「東京以北で最大の歓楽街」および「アジア最北の歓楽街」と呼ばれ、飲食店や風俗店のほか、ホテルなどの宿泊施設、娯楽施設や商業施設が隣接している等、あらゆる業種が集積しているのが特徴です。

雰囲気は名古屋・栄に似ていますが、ネオンやデジタルサイネージの光が煌々と輝き、夜は栄以上に賑わいを感じられました。










複合商業施設ノルベサにある観覧車「ノリア」は、直径45.5m、 最高到達点78mに達する観覧車があり、こちらも名古屋・栄のサンシャインサカエの観覧車(直径40m、最高到達点52m)に雰囲気がにていますが、規模はノリアの方がやや大きなものとなっています。









遥か南方には、札幌ドームも見えました。
日本プロサッカーリーグ北海道コンサドーレ札幌のホームスタジアム、日本プロ野球パシフィック・リーグの北海道日本ハムファイターズの本拠地球場として使われています。


整理番号P-0121-01
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment