FC2ブログ
JRタワー展望台から見た北海道大学や琴似、つどーむのある西側から北側の景色 - ■ 風景写真

JRタワー展望台から見た北海道大学や琴似、つどーむのある西側から北側の景色

  •   09, 2019 07:01
  •  0
  •  0
札幌駅に直結しているJRタワーの最上階38階には、「JRタワー展望室T38 (タワー・スリーエイト)」という展望台があります。

南側には、札幌都市圏の中心部、すすきの、大通公園、中島公園を望めるほか、西側は北海道大学や手稲山、北側は石狩湾を望めます。

入場料金は大人720円、中・高校生500円、小学生・幼児 300円、3歳以下は無料となっています。













JRタワー展望台から西側を見た景色です。
円山公園の緑の手前には北5条の街並みが広がります。









札幌駅北西側に位置する北海道大学です。
北海道大学は、日本初の学士授与機関として1876年に設立された札幌農学校を前身とする総合大学で、フロンティア精神、実学の重視、全人教育、国際性の涵養などが建学理念となっています。

ここから見てもわかる通り、非常に広大で緑豊かなキャンパスです。









JRタワー展望台から見た琴似駅方面の景色です。
JR函館本線の琴似駅周辺には3棟のタワーマンションが建っており、最も高さのある名称ザ・サッポロタワー琴似は40階建て、高さ135.6mの規模です。









もう少しズームしてみます。
3棟のタワーマンションのシルエットが良い感じに並びます。








北海道大学から北西側へ一直線に伸びる緑の道は「新川通」です。











JRタワー展望台から見た北側の様子です。










「つどーむ」です。
正式名称は「札幌コミュニティドーム」で、真っ白な貝殻のような外観デザインが特徴的です。










つどーむの奥に目を向けると、あいの里教育大駅近くに建つ21階建て、高さ63.45mの「中銀ライフケア札幌あいの里1号館」が目立ちます。
札幌駅からJR札沼線で9駅26分の距離で、札幌都市圏も結構離れた場所までこのように市街地が広がっていることがわかります。


整理番号P-0121-02
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment