FC2ブログ
一条タワー #現地の様子 #建設状況201907 - 浜松市の超高層ビル・タワーマンション

一条タワー #現地の様子 #建設状況201907

  •   11, 2019 18:36
  •  0
  •  0
一条タワーは静岡県浜松市中区の浜松駅前で建設中の30階建て、高さ122.328m、総戸数246戸の超高層タワーマンションで、マンションと駐車場、商業施設、業務施設が入ります。
また、隣接するA-1地区には13階建て、高さ44.71m、客室数252室のホテル「くれたけインプレミアム浜松駅北口」が竣工しています。

一条タワーは2020年3月25日竣工予定ですが、既に全戸完売しています。





◆参考資料、引用元
一条タワー 公式サイト





◆過去の記事
→2018年11月2日投稿 旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
→2019年1月3日投稿 一条タワー
→2019年4月14日投稿 一条タワー













■概要
・名称  一条タワー
・計画名 旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
・name  ICHIJO TOWER
・中文名 一条塔楼
・所在地 静岡県浜松市中区旭町10番地8 (公式サイト:板屋町105番3、板屋町107番、旭町6番1)
・階数  地上30階建て
・高さ  122.328m (公式サイト:121.93m)
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造(免震構造)
・総戸数 249戸(住戸246戸、ゲストルーム2戸、スカイラウンジ1戸)、店舗、事務所 (非分譲住戸1戸・一般募集対象外住戸91戸含む)
・敷地面積 3,576.49㎡
・建築面積 1,607.61㎡(計画部分:1,405.37㎡)
・延床面積 38,274.27㎡(計画部分:38,166.22㎡)
・着工  2018年1月4日
・竣工  2020年3月25日予定 (公式サイト:2020年3月末(予定))
・設計  浅井謙建築研究所
・建築主 旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発組合 (住宅保留床取得:一条工務店)
・施工  西松建設、須山建設、中村組共同企業体
・最寄駅 浜松、第一通り、新浜松




■概要
・名称  くれたけインプレミアム浜松駅北口 (旭・板屋A-1地区第一種市街地再開発事業)
・所在地 静岡県浜松市中区旭町7番地6
・階数  地上13階建て
・高さ  44.71m
・構造  鉄骨造
・敷地面積 1,135.61㎡
・建築面積 724.45㎡
・延床面積 8,025.04㎡
・着工  2018年1月5日
・竣工  2019年3月30日
・設計  都市・建築研究所
・建築主 旭・板屋A-1地区第一種市街地再開発事業個人施工者(代表者:ピーケーマルチサービス)
・施工  アサヒハウス工業
・最寄駅 浜松、第一通り、新浜松
(2018年12月28日撮影)








南西側から見た建設中の一条タワーの様子です。
この一条タワーは静岡県内最高層の超高層タワーマンションとなります。

一条タワーを分譲するハウスメーカーは木造一戸建て住宅で有名な一条工務店ですが、遂にタワーマンションにも進出してきています。

今後は戸建てメインでやっていたハウスメーカーも都市のコンパクトシティ化や若者の公共交通利用促進から、需要の旺盛な都心部や郊外駅前での分譲タワーマンション供給をし始める企業もあるかもしれませんね。

ちなみに竣工前ですが、即完売しています。









北西側から見上げた建設中の一条タワーの様子です。








北東側から見上げた建設中の一条タワーの様子です。







建物角の三連窓が特徴的です。
隣接して建つシティタワー浜松はダーク系の色合い、こちらの一条タワーは明るいアースカラーを用いた外観です。








南側から見た建設中の一条タワーの様子です。
居室のフロア構成は、グレードごとに分かれており、5-13階はスタンダード、14-26階はデラックス、27-28階はプレミアム、29-30階はスーパープレミアムとなっています。








旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業 南側街区の「くれたけインプレミアム浜松駅北口」です。
地上13階建て、高さ44.71m、客室数252室の高層ビジネスホテルで、2019年3月末に竣工し、4月1日にオープンしています。








浜松駅北口の高層化もかなり進んできており、超高層ビルの谷間のような雰囲気になってきました。








現地仮囲いに貼られている一条タワーの完成予想パースです。







完成予想パースに近い角度から撮影した一条タワーです。


整理番号B-0595-04

スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment