FC2ブログ
岐阜市新庁舎 #建設状況 #現地の様子201907 - 岐阜市の超高層ビル・タワーマンション

岐阜市新庁舎 #建設状況 #現地の様子201907

  •   21, 2019 12:39
  •  0
  •  0
岐阜市新庁舎は岐阜県岐阜市司町に建設中の18階建て、高さ84.45mの超高層庁舎で、現庁舎の老朽化や耐震性不足、狭隘化、バリアフリー等の問題を解決するべく計画されています。

建設地は伊藤豊雄設計でデザイナーズ図書館として有名な「みんなの森 ぎふメディアコスモス」南側の元、岐阜大学医学部等跡地となっています。






◆参考資料、引用元
岐阜市 行政部 新庁舎建設課 新庁舎建設 ~市民に親しまれ、長く使い続けることができる新庁舎を目指して~
岐阜市 新庁舎建設工事の進捗状況







◆過去の記事
→2017年3月12日投稿 岐阜市新庁舎
→2017年5月23日投稿 岐阜市新庁舎
→2018年11月24日投稿 岐阜市新庁舎
→2019年3月19日投稿 岐阜市新庁舎











■概要
・名称  岐阜市新庁舎
・name  Gifu City Government New Building
・中文名 岐阜市政府新大楼
・所在地 岐阜県岐阜市司町40番地1
・階数  地上18階建て
・高さ  84.45m
・構造  鉄骨造
・敷地面積 20,398㎡
・建築面積 5,745㎡
・延床面積 39,504㎡
・着工  2018年1月予定
・竣工  2021年3月予定
・建築主 岐阜市
・設計  佐藤総合計画、司設計、Ai設計室
・施工  大日本土木・市川工務店・岐南興業・共栄土木建築 共同企業体
・最寄駅 岐阜、名鉄岐阜
(2019年7月10日撮影)






現地仮囲いに掲載されている岐阜市新庁舎の完成予想パースです。
丸みを帯びた外観が特徴的で、白色をした腰壁と青緑のガラスが層を成すデザインとなっています。









南東側から見た建設中の岐阜市新庁舎の様子です。
竣工は2021年3月予定、開庁予定は翌月の2021年4月となっています。








撮影時は5~7階付近の鉄骨建方が進められていました。
高層部分は角が落とされて丸みを帯びた外観が特徴的で、緩やかにカーブした鉄骨も取り付けられています。









北東側から見た建設中の岐阜市新庁舎の様子です。
岐阜市新庁舎は高度な防災拠点機能を担うため、免震構造となります。

免震装置の一つとして、地震による建物の揺れを吸収する「免震オイルダンパー」を6基設置する計画です。








北西側から見上げた建設中の岐阜市新庁舎の様子です。









北側のメディアコスモスと岐阜市新庁舎の間に整備された「みんなの広場 カオカオ」という広場が広がります。










建設地北側に建つ「みんなの森 ぎふメディアコスモス」です。
別名、岐阜市中央図書館ともいいます。

2015年に竣工した伊藤豊雄設計の図書館で、鉄筋コンクリート造、鉄骨構造、木造の混構造となっており、地下水が豊富な特徴を活かして、伏流水を使用した輻射冷暖房を採用していたりします。

※輻射冷暖房(ふくしゃれいだんぼう) : 天井面に冷水や温水を流し、エアコンの風や空気の力ではなく、輻射の効果、いわゆる熱の力で室内を冷やしたり、暖めたりする冷暖房装置です。


整理番号B-0498-05
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment