FC2ブログ
瀬戸市 中水野駅周辺まちづくり #現地の様子201907 - 土地区画整理事業・宅地開発

瀬戸市 中水野駅周辺まちづくり #現地の様子201907

  •   08, 2019 18:10
  •  2
  •  0
中水野駅周辺まちづくりは愛知県瀬戸市の愛知環状鉄道中水野駅周辺で計画されているまちづくりで、駅を中心としたコンパクトで集積された都市を目指して計画が進められています。

2019年度からは、区画整理事業の仮同意を地権者とすることを目指すとされています。
付近には瀬戸北総合高等学校やイオン瀬戸みずの店、定光寺野外活動センターがある場所です。





◆参考資料、引用元
建通新聞 瀬戸市 中水野駅周辺で区画整理事業を検討
瀬戸市 中水野駅周辺地区まちづくりに関する住民アンケート調査結果
広報せと2017年1月1日号 
瀬戸市議会議員 池田信子 まちづくり説明会





◆過去の記事
→2017年6月9日投稿 中水野駅周辺まちづくり















■概要
・名称   中水野駅周辺まちづくり
・name   Town development around Nakamizuno Station
・中文名  中水野站周围的城镇建设
・施行地区 愛知県瀬戸市内田町、三沢町、中水野町周辺
・開発面積 ---
・着工   ---
・完工   ---
・総事業費 ---
・計画戸数 ---
・計画人口 ---
(2019年7月9日撮影)







愛知環状鉄道中水野駅から見た中水野駅周辺まちづくり計画地の様子です。
現在は農地と宅地が点在しており、低密度かつスプロール市街化が進む場所となっています。







愛知環状鉄道中水野駅は一日平均乗降客数3,355人の駅で、名古屋都心部の名駅からは約35~39分でアクセス可能で利用者数は近年、増加傾向にあります。
また、駅前ロータリーや広場、パーキングスペースも整備済みです。









中水野駅周辺は田園地帯が残ります。

瀬戸市では駅や地域核などの拠点を公共交通網で結ぶ多極ネットワーク型コンパクトシティを目指しており、その先導として中水野駅周辺のまちづくりが挙げられています。

コンパクトシティは駅周辺を高密度化し、徒歩と公共交通機関のみでも生活を可能にする近未来の都市開発手法です。
自動車利用を減らすことで道路面積や駐車場スペースを少なくすることができるほか、都市域をコンパクトにまとめることにより、インフラ整備区域を減らすことができます。









水野川にかかる歩道橋です。
人一人がぎりぎり通れる細さの橋です。
自分が中学時代にもあったので、とても懐かしく思えました。









中水野駅南西側の様子です。
農地が残ります。









愛知環状鉄道中水野駅前、西側です。隣接する春日井市の高蔵寺駅から1駅、同じ市内の瀬戸市駅から1駅ですが、現在、駅前にはコンビニと整形外科、戸建て住宅以外は田んぼや畑くらいしかありません。

中水野駅周辺まちづくりを目指したアンケートも行われており、望まれる施設として、「飲食店」や「駐車場」、「文化交流施設」、「スーパー」が多かったようです。

パーク&ライドのための駐車場は必要ですし、都心の会社から駅を降り、ファミレスで一息ついたり、スーパーで買い物をして帰宅するというルートを考えると商業施設も必要になります。










中水野駅前の様子です。
駅前とは思えない閑散とした風景が広がります。








中水野駅東側の様子です。
こちらも農地が広がります。








中水野駅周辺まちづくりの計画地周辺を流れる水野川です。
現在は川へ降りられませんが、せっかくの水辺なのでまちづくりにより、夏は川で遊べるようになれば良いと思います。

また、まちづくりを行う際は野鳥や虫の動線も配慮した屋上庭園や壁面緑化などの緑化計画、屋上に田植えもできる農園を設置することで、自然と調和したまちにしていけると良いですね。









中水野駅周辺まちづくりの計画地南西には瀬戸北高校のほか、水野特定土地区画整理事業によって開発された「みずの坂」や「北みずの坂」、山手特定土地区画整理事業によって開発された「やまて坂」などの戸建て新興住宅街が広がります。

中水野駅周辺まちづくりは駅前のコンパクトシティを目指すため、どちらかというと都市型商業施設や高層住宅といった高密度かつ商業・業務集積型の街並みになると思います。

個人的には、大都市圏郊外都市の「太田川駅前」や「柏の葉キャンパス」などの街並みや都市機能が参考になるのではと考えています。








ここから見た景色も都市的な街並みになるのでしょうか。
愛知環状鉄道沿線では他にも「八草地区まちづくり計画」や「豊田都市計画事業 豊田四郷駅周辺土地区画整理事業」などの面的な都市開発が進められており、今後も愛知環状鉄道を軸にして新たな都市域が形成されていきます。


整理番号 瀬戸市 中水野駅周辺まちづくり #現地の様子201907
スポンサーサイト



広告

2 Comment

きりぼう  

Re:

中心部は元々狭いうえ、昔のように大家族ではない家族構成になっているのでマンションが増えない限りは人口は一定水準まで減ると思います。
個人的には豊田、栄双方に出やすい新瀬戸駅周辺が武蔵浦和や西宮北口のように再開発されてタワーマンションと都市型商業施設から構成される高密度な都市になればと思いますが、なかなか厳しいでしょうね、

2019/08/09 (Fri) 13:43 | EDIT | REPLY |   

爺  

瀬戸市は中心市街地の衰退はこれからも避けられないでしょうが
名古屋のベッドタウンとしては規模をいじするでしょうし
豊田のベッドタウンとしてはより発展しそうだと思います。

それにしてもこの駅は見事に駅だけ空洞化してますね。

2019/08/09 (Fri) 03:05 | EDIT | REPLY |   

Post a comment