FC2ブログ
SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト) (ザ・熊本ガーデンズ、ホテルトラスティ プレミア熊本) - ■ 熊本県の超高層ビル・タワーマンション

SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト) (ザ・熊本ガーデンズ、ホテルトラスティ プレミア熊本)

  •   17, 2019 07:22
  •  0
  •  0
SAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト) (ザ・熊本ガーデンズ、ホテルトラスティ プレミア熊本)は熊本県熊本市に建つ15階建て、高さ59.88m、延床面積16万325.74㎡の大規模複合高層ビルです。

九州産交ランドマークが運営する都市型商業施設の「SAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)」は合計店舗数149店舗、2019年9月14日に開業予定となっています。

また、9スクリーンを備えるシネコンの「TOHOシネマズ熊本サクラマチ」、総戸数159戸のマンション「ザ・熊本ガーデンズ」、客室数205室のホテル「ホテルトラスティ プレミア熊本」、熊本城ホール、バンケット、事務所などが入ります。




◆参考資料、引用元
SAKURA MACHI Kumamoto 公式サイト
桜町地区第一種市街地再開発事業 公式サイト
ザ・熊本ガーデンズ






出典:桜町地区第一種市街地再開発事業 公式サイト





■概要
・名称  SAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト) (ザ・熊本ガーデンズ、ホテルトラスティ プレミア熊本)
・計画名 桜町地区第一種市街地再開発事業
・name  SAKURA MACHI Kumamoto
・中文名 樱町熊本
・所在地 熊本県熊本市中央区桜町3番13、14
・階数  地上15階、地下1階建て
・高さ  59.88m
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・総戸数 159戸
・敷地面積 30,266.83㎡
・建築面積 27,013.34㎡
・延床面積 160,325.74㎡
・着工  2017年1月初旬
・竣工  2019年7月
・建築主 熊本桜町再開発(住宅保留床:マリモ、ホテル:リゾートトラスト、商業施設:九州産交ランドマーク)
・設計  日建・太宏共同企業体 (日建設計、太宏設計事務所)
・施工  大成・吉永・岩永・三津野・新規 建設共同企業体 (大成建設、吉永産業、岩永組、三津野建設、新規建設)
・最寄駅 辛島町電停、花畑町電停、熊本
(2019年8月11日撮影)





SAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)の施設配置イメージです。
低層部分に商業施設、熊本城ホール、バンケット、事務所、バスターミナルが配置され、高層部分に住宅とホテルが配置されます。










南東側から見たSAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)の様子です。

開発コンセプトは、『わくわく』に出会う「熊本・新城下まち」の形成 ~ここに来ると常に新たな何かに出会える九州を代表する周遊と交流の複合拠点~、設計コンセプトは、熊本城と庭つづき、すべてをつなぐ「おもてなしの庭」となっています。









南東側から見たSAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)の住宅部分「ザ・熊本ガーデンズ」とホテル「ホテルトラスティ プレミア熊本」の様子です。

南側に住宅、北側にホテルが配置されており、住宅部分はバルコニー、ホテル部分はガラス張りの外観となっています。








外観デザインは白い庇の積層とダーク系の窓ガラス、ガラスパネル手すりの組み合わせが特徴的です。









各層の曲面の積層が美しい低層部分です。









こちらの低層部分には合計店舗数149店舗の商業施設や、9スクリーンを備えるシネコンの「TOHOシネマズ熊本サクラマチ」が入ります。








壁面に設置されたロゴです。









敷地南西側に配置された公益施設の「熊本城ホール」です。

熊本城ホールは、合計約3万㎡、3,000人規模のコンベンションを単独で対応可能なものとなっており、メインホールは固定席約2,300席のホールとなっています。








熊本城ホールのエントランス部分の様子です。








南西側から見たSAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)の様子です。

SAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)では災害対策も充実しています。
一時帰宅困難者受入11,000人、食糧・物資等の備蓄13,000人、3日分給排水設備容量96時間、給排水の多重化(井水や蓄熱層の活用)、電気設備施設機能維持時間72時間、施設耐震性重要度係数1.25など、ソフト面からハード面まで対策がなされています。








こちらはホワイエでしょうか。
熊本城ホールの一部にはこのような展望スペースのような空間が設けられていました。








敷地西側、バンケットの南側には大規模な立体駐車場も設けられます。







北側から見たSAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)の様子です。
こちら側にはバンケットが設けられます。

また、低層部分1階には乗降場が29、一日あたり約4,300便の発着がある国内最大規模のバスターミナルとなります。
このバスターミナルには「ホームドア」も設置され、安全性も重視されています。










商業施設も入るSAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)の低層部分です。
曲面が特徴的な外観に屋上庭園の樹木が目立ちます。









木々の色合いも明緑から深緑まで鮮やかです。








東側から見たSAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)の低層部分です。








ホテルの入るSAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)の高層部分北側の様子です。
一面ガラスカーテンウォールで覆われ、白い庇の積層が美しいデザインとなっています。








東側から見たSAKURA MACHI Kumamoto (サクラマチ クマモト)の様子です。
熊本の近未来ランドマークがまもなく開業します。


整理番号B-0906-01
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment