FC2ブログ
月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 #現地の様子2019年8月 - 中央区の超高層ビル・タワーマンション

月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 #現地の様子2019年8月

  •   08, 2019 18:57
  •  0
  •  0
月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業は東京都中央区月島三丁目で計画されている再開発事業で、地上59階建て、高さ199m、総戸数約1,160戸(再開発区域全体)の超高層タワーマンションが建設されます。

北側を隅田川、南側を月島西仲通り商店街(通称・月島もんじゃストリート)に面しており、敷地は三つの街区に分けて再開発される計画となっています。





◆参考資料、引用元
日刊建設工業新聞 月島三丁目北地区再開発(東京都中央区)/12月の都市計画決定めざす/準備組合
日刊建設工業新聞 月島三丁目北地区再開発(東京都中央区)/施設規模は14・5万平米/準備組合







出典:日刊建設工業新聞






■概要
・名称  月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業
・計画名 月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業
・name  Tsukishima 3-chome Kita District Type 1 Urban Redevelopment Project
・中文名 月岛三丁目北区第一类城市再开发项目
・所在地 東京都中央区月島三丁目
・階数  A街区:地上59階、地下1階建て
     B-1街区:地上5階建て
     B-2街区:地上7階建て
・高さ  A街区:199m
     B-1街区:18m
     B-2街区:25m
・構造  ---
・総戸数 A街区:約1,120戸
     B-1街区:---
     B-2街区:約40戸
・敷地面積 A街区:約10,070㎡ (再開発区域全体:約15,000㎡)
     B-1街区:約1,060㎡
     B-2街区:約880㎡
・建築面積 A街区:約6,650㎡
     B-1街区:約610㎡
     B-2街区:約550㎡
・延床面積 A街区:約140,200㎡
     B-1街区:約1,600㎡
     B-2街区:約3,400㎡
・着工  2022年度
・竣工  2025年度
・建築主 月島三丁目地区再開発準備組合 (事業協力者:五洋建設、首都圏不燃建築公社)
・設計  設計コンサルタント:大建設計
     総合コンサルタント:パシフィックコンサルタンツ
・施工  ---
・最寄駅 月島、勝どき
(2019年8月28日撮影)







東側から見た月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業の計画地の様子です。










北側から見た月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業の計画地の様子です。









月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業の計画地はこのように老朽化した住宅や商店が所狭しと建ち並んでいます。
いわゆる下町商業地と呼ばれる都市空間です。











西側から見た月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業の建設地です。
奥に見えるマンション「ザ・パームス月島ルナガーデン」は単独建て替え済みのため、再開発区域には含まれません。










月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業計画地内にはこのように増築を繰り返したと思われる建築物もあります。
継ぎはぎだらけの建物が印象的でした。










南側から見た月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業の建設地です。

西仲通り商店街沿いは高さ10m以下の建物を分散配置するほか、月島もんじゃストリートとの一体感を残すため、ファサードに落ち着きのある木質系の縦格子を採用する計画となっています。

また、建物間に路地状の通り抜け空間を設けたりすることで下町情緒も残すようです。


整理番号B-0931-01
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment