FC2ブログ
浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業 #2019年1月現地の様子 - さいたま市の超高層ビル・タワーマンション

浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業 #2019年1月現地の様子

  •   17, 2019 18:18
  •  2
  •  0
浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業は埼玉県さいたま市浦和区のJR浦和駅西口駅前で計画されている27階建て、高さ99m、総戸数521戸の超高層タワーマンションを含む大規模再開発事業です。
着工が2021年度、竣工が2024年度で計画が進められ、さいたま市は市民会館うらわもこちらの再開発ビルに移転する方針とのことです。





◆参考資料、引用元
さいたま市 浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業
建設通信新聞 浦和駅西口南高砂再開発/特定業務代行は前田JV/延べ10万平米、21年度着工






出典:さいたま市





■概要
・名称  浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業
・計画名 浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業
・name  Urawa Station West Exit South Takasago District Type 1 Urban Redevelopment Project
・中文名 浦和站西出口高崎区南1区城市再开发项目
・所在地 さいたま市浦和区高砂一丁目、高砂二丁目
・階数  地上27階、地下3階建て
・高さ  99m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
・総戸数 521戸
・敷地面積 10,560㎡
・建築面積 8,410㎡
・延床面積 99,731㎡
・着工  2021年度
・竣工  2024年度
・建築主 浦和駅西口南高砂地区市街地再開発組合(参加組合員:野村不動産、三菱地所レジデンス、大和ハウス工業)
・設計  実施設計:安井建築設計事務所
     総合コンサルタント:都市空間研究所
     商業コンサルタント:エスシー総合管理
・施工  特定業務代行者:前田建設工業、タカラレーベン、斎藤工業共同企業体
・最寄駅 浦和
(2019年1月9日撮影)







参考資料から拝借した位置図です。










南東側から見た浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業の計画地の様子です。










東側隣接地には朝日生命浦和ビルがありますが、こちらは再開発区域には含まれていません。










南西側から見た浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業の計画地の様子です。









北西側から見た浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業の計画地の様子です。










北東側から見た浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業の計画地の様子です。









再開発区域内はこのように狭い道路が入り組み、低層高密度な街並みとなっています。
一部にはかなり古い老朽家屋もあり、防災上こら早期の再開発が望まれます。









浦和駅西口南高砂地区第一種市街地再開発事業の計画地南側には31階建て、高さ104mのエイペックスタワー浦和が建っています。


整理番号B-0943-01
スポンサーサイト



広告

2 Comment

きりぼう  

Re:

確かに景気回復の影響も受けてか商業機能も強化されていますね。
岐阜はちょっと商業の規模が小さすぎると思います。
百貨店などがあるようなビルでも良かったかなと、、

2019/09/22 (Sun) 19:18 | EDIT | REPLY |   

爺  

街の規模が大きいからかな?
最近の再開発のタワーマンションは商業施設が以前の物より大きくなってる気がします。
岐阜シティ・タワー43とか岐阜の中心で象徴的なものなのにだいぶ商業施設はしょぼいですからね

2019/09/21 (Sat) 23:31 | EDIT | REPLY |   

Post a comment