FC2ブログ
熱田神宮駅前地区まちづくり構想 #2019年8月現地の様子 - 都市開発

熱田神宮駅前地区まちづくり構想 #2019年8月現地の様子

  •   20, 2019 07:56
  •  1
  •  0
熱田神宮駅前地区まちづくり構想は愛知県名古屋市熱田区の名鉄本線、常滑線神宮前駅北西側一帯約3.5haで計画されているまちづくり計画です。

現在、事業化に向けた検討では、同地に導入すべき機能を加味した複数パターンの事業手法として、市街地再開発事業、土地区画整理事業などを検討しているとのことです。

動画投稿サイトに投稿されていたイメージ動画には、中高層建物と低層の昭和レトロな飲食店街、観光バスの出入りする大駐車場が描かれています。





◆参考資料、引用元
地方建設専門紙の会 【愛知】名市 アルパックを特定 熱田神宮駅前地区
建通新聞 名市 熱田神宮駅前の再生向け協議を継続
熱田神宮駅前地区まちづくり構想 中間案イメージ







出典:熱田神宮駅前地区まちづくり協議会





■概要
・名称  熱田神宮駅前地区まちづくり構想
・計画名 熱田神宮駅前地区まちづくり構想
・name  Atsuta Jingu Ekimae district town development plan
・中文名 热田神宫站前地区城镇建设计划
・所在地 愛知県名古屋市熱田区神宮三丁目
・階数  ---
・高さ  ---
・構造  ---
・敷地面積 約35,000㎡
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・着工  --
・竣工  ---
・建築主 熱田神宮駅前地区まちづくり協議会 (構成:名古屋市、JR東海、名古屋鉄道の他、地権者、町会代表者など)
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 神宮前、熱田
(2019年8月13日撮影)






南側から見た熱田神宮駅前地区まちづくり構想計画地の様子です。
現在は低層高密度な街並みとなっており、昭和から続く駅前商業地となっています。










商店街の衰退や空き家が増えており、こういったディープな夜の店も並んでいますが歩いている人がいませんでした。










検討対象となる、熱田区役所などが所在する街区のうち、未利用の市有地は区役所南側を中心とした約0.72haあります。
現在は、区役所駐車場の満車時などに臨時の駐車場として活用されており、こちらの再開発も進められる計画です。








熱田神宮駅前地区まちづくり構想計画地、大津通に面して広がる商店街です。
昭和から続く古いアーケード商店街となっています。










再開発計画エリア内には、名古屋工学院専門学校メディアセンターなどの高層ビルも建っています。

熱田神宮駅前地区まちづくり構想の具体的な再開発計画はこれから練られていくものと思われますが、個人的には神宮前駅と熱田駅両方の駅から熱田神宮へ至る歩行者デッキと商業施設を造り、駅や観光バスターミナルからの人の流れと商業的な賑わいを生み出して欲しいものです。


整理番号 熱田神宮駅前地区まちづくり構想 #2019年8月現地の様子
スポンサーサイト



広告

1 Comment

爺  

通常の街づくりとは違う観光に特化した街づくりって感じですね。
東口の住宅地と西口の観光地で2つの面持ち合わせる街になると楽しみです。
この施設ではないですが、ミュースカイ最初の停車駅なので全部降ろすぐらいの勢いで名鉄には再開発頑張ってもらいたいです。

2019/11/02 (Sat) 23:48 | EDIT | REPLY |   

Post a comment