FC2ブログ
住友不動産麹町ガーデンタワー #現地の様子 #2019年11月建設状況 - 千代田区の超高層ビル・タワーマンション

住友不動産麹町ガーデンタワー #現地の様子 #2019年11月建設状況

  •   11, 2019 09:59
  •  0
  •  0
住友不動産麹町ガーデンタワーは東京都千代田区麹町の紀尾井町TBRビル・旧麹町住宅跡地で建設中の22階建て、高さ130mの超高層ビルで、中間免震構造を有した超高層オフィスビルです。







◆参考資料、引用元
住友不動産麹町ガーデンタワー 公式サイト





◆過去の記事
→2019年4月8日投稿 住友不動産麹町ガーデンタワー











■概要
・名称  住友不動産麹町ガーデンタワー
・計画名 (仮称)麹町五丁目計画
・name  Sumitomo Real Estate Kojimachi Garden Tower
・中文名 住友房地产麹町花园大厦
・所在地 東京都千代田区麹町5丁目1番1
・階数  地上22階建て
・高さ  130m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)
・敷地面積 9,417.95㎡
・建築面積 3,600㎡
・延床面積 48,000㎡
・着工  2017年8月31日
・竣工  2020年8月31日
・建築主 住友不動産
・設計  日建設計
・施工  西松建設
・最寄駅 四ッ谷、半蔵門、赤坂見附、永田町
(2019年11月19日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。









東側から見た建設中の住友不動産麹町ガーデンタワーの様子です。









低層部分にはアトリウム空間が大きくとられています。
アトリウム空間の柱部分はまだ外装材が設置されていない状態でした。









住友不動産麹町ガーデンタワーの竣工は2020年8月ですが既に上棟しています。









南側から見上げた建設中の住友不動産麹町ガーデンタワーの様子です。

住友不動産麹町ガーデンタワーは中間免震構造が採用されています。
中間免震構造は建物の地下ではなく、途中階に免震層を設けた免震構造の建物で、免震装置を地中に設置するタイプと異なり、設置するための地下ピットや揺れしろ分を考慮したスペースや空間が不要なため、敷地の有効利用に繋がるなどの特徴があります。











外観デザインは縦方向に伸びるマリオンやガラス張りでありながら柱梁によって2フロア1層で分節された重厚な外観となっています。









敷地は高低差が5~10mほどあり、低層部分はこのように三層吹き抜けの巨大なアトリウム空間となっています。









北側、内堀通り側から見上げた建設中の住友不動産麹町ガーデンタワーの様子です。


整理番号B-0794-02
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment