FC2ブログ
東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー #現地の様子 #2019年11月建設状況 - 港区の超高層ビル・タワーマンション

東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー #現地の様子 #2019年11月建設状況

  •   24, 2019 10:33
  •  0
  •  0
東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワーは、計画名「(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)新築工事」として、東京都港区竹芝地区で建設中の18階建て、高さ70mのタワーマンションで、一般賃貸住宅、サービスアパートメント、シェアハウスが計画されています。

1R~3LDKの住戸プランを計画し、一般企業に勤めるビジネスマンをはじめ、クリエイターや起業家、外国人など幅広い層をターゲットとしているとのことです。





◆参考資料、引用元
(仮称)竹芝地区開発計画 街区名称を決定 東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)~ 東京都「MaaSの社会実装モデル構築に向けた実証実験」に参画決定などスマートシティの実現や、国際ビジネス拠点化に向けた街づくりが進捗 ~
(仮称)竹芝地区開発計画 B 街区(住宅棟)新築着工~職住近接の新たなライフスタイルを提案~




◆過去の記事
→2019年5月16日投稿 (仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)新築工事












■概要
・名称  東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー
・計画名 (仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)新築工事
・name  Tokyo Port City Takeshiba Residence Tower
・中文名 东京港城竹芝住宅大厦
・所在地  東京都港区海岸一丁目20番3
・階数  地上18階建て
・高さ  70m(軒高または建築物高さ:60m)
・構造  鉄骨造
・総戸数 ---
・敷地面積 3,434.49㎡
・建築面積 2,223.44㎡
・延床面積 19,560.41㎡
・着工  2018年4月2日
・竣工  2020年6月30日
・建築主 アルベログランデ(東急不動産と鹿島建設による事業会社)
・設計  長谷工コーポレーション
・施工  長谷工・鹿島共同企業体(長谷工コーポレーション、鹿島建設)
・最寄駅 竹芝、浜松町
(2018年11月26日撮影)







現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。










北西側から見上げた建設中の東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワーの様子です。

東京ポートシティ竹芝は国家戦略特別区域計画の特定事業(都市計画法等の特例)として2015年3月に内閣総理大臣認定を受け、港区海岸1丁目の都有地を約70年間の定期借地によって借り受けています。








建設中の東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワーを見上げた様子です。
バルコニー手すりは北面と西面が非透過型のパネルが用いられたものとなっており、非常にシンプルな外観デザインとなっています。








東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワーの外観完成予想パースです。
ゆりかもめ竹芝駅からはデッキが伸び、建物北側には広場西接続される計画です。










ゆりかもめ竹芝駅から見た建設中の東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワーと北側の広場である「レジデンスタワーテラス」部分の様子です。
広場部分は中央が吹き抜けとなり、コの字型に歩行者デッキと広場スペースが設けられます。










北側の歩行者デッキの建設が先行して進められています。


整理番号B-0671-02
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment