FC2ブログ
(仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見 2020年1月建設状況、現地の様子 - 名古屋市の超高層ビル・タワーマンション

(仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見 2020年1月建設状況、現地の様子

  •   15, 2020 18:19
  •  0
  •  0
(仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見は愛知県名古屋市中区栄で建設予定の29階建て、高さ99.20mの超高層タワーマンションです。

御園座タワー南側、三蔵交差点南西側に建っていた立体駐車場の名古屋伏見駐車場の解体が完了し、着工しています。





◆過去の記事
→2019年3月19日投稿 跡地はタワーマンション?超高層オフィス? 解体が進む名古屋伏見駐車場
→2019年9月2日投稿 (仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見
→2019年11月17日投稿 (仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見










■概要
・名称  (仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見
・計画名 (仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見
・name  (Tentative name) Tower the First Nagoya Fushimi
・中文名 (暂定名)塔第一名古屋伏见
・所在地 愛知県名古屋市中区栄一丁目1211番1
・階数  地上29階建て
・高さ  99.20m
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 ---
・敷地面積 2,075.51㎡
・建築面積 1,032.70㎡
・延床面積 20,862.51㎡
・着工  2019年11月4日頃
・竣工  2022年10月31日
・建築主 セキスイハイム東海
・設計  淺沼組
・施工  淺沼組
・最寄駅 伏見
(2020年1月1日撮影)







現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。








南東側から見た建設中の(仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見の様子です。








東側から見た(仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見の計画地です。









大型杭打機の三点式パイルドライバが設置され、杭(パイル)打ちが行われています。
建築計画の概要が書かれた板(名古屋市中高層建築物の建築に係る紛争の予防及び調整等に関する条例による標識)には、基礎工法は記載されていませんが、恐らく、直接基礎ではなく杭基礎であると思われます。


整理番号B-0776-04
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment