FC2ブログ
ローレルタワー御堂筋本町 2020年1月建設状況、現地の様子 - 大阪市の超高層ビル・タワーマンション

ローレルタワー御堂筋本町 2020年1月建設状況、現地の様子

  •   26, 2020 18:55
  •  0
  •  0
ローレルタワー御堂筋本町は大阪府中央区瓦町で建設中の30階建て、高さ106.03m、総戸数241戸の超高層タワーマンションです。

敷地の南北・二ヵ所に正門(グランドエントランス、コーチエントランス)を配置していることや
タクシーや宅配便の発送取次や、ハウスクリーニングの紹介サービスなどを提供するコンシェルジュサービスがあることが特徴です。

2020年1月現在、タワークレーンが設置され、建物地上部分躯体の施工も始まっています。





◆参考資料、引用元
ローレルタワー御堂筋本町 公式サイト






◆過去の記事
→2019年8月23日投稿 ローレルタワー御堂筋本町












■概要
・名称  ローレルタワー御堂筋本町
・計画名 (仮称)中央区瓦町四丁目PJ
・name  Laurel Tower Midosuji Honmachi
・中文名 月桂树塔御堂筋本町
・所在地 大阪市中央区瓦町四丁目2番1
・階数  地上30階、地下1階建て
・高さ  106.03m (軒高:101.65m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 241戸
・敷地面積 2,175.47㎡※建築確認申請上:1,968.22㎡
・建築面積 1,088.41㎡
・延床面積 24,969.55㎡
・着工  2018年9月21日
・竣工  2021年3月末日 (公式サイト:2021年2月上旬)
・建築主 近鉄不動産、東急不動産、総合地所
・設計  IAO竹田設計、長谷工コーポレーション
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 本町
(2020年1月3日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。







ローレルタワー御堂筋本町の完成予想パースです。
靱公園のある西面にはガラス手摺りが採用されており、コーナーサッシとマリオンが印象的な外観デザインとなっています。

出典:ローレルタワー御堂筋本町 公式サイト










北西側から見た建設中のローレルタワー御堂筋本町の様子です。

敷地と道路の境界にはガーデンウォーク(歩道状公開空地)が設けられます。
高さ約8mのナナミノキをシンボルツリーに、シマトネリコの街路樹が印象的な空間になるとのことです。








ローレルタワー御堂筋本町は現場打設で施工が進められています。

また、構造は制震構造が採用されており、低降伏点鋼製制震ダンパーが用いられています。
、低降伏点鋼製制震ダンパーが変形することにより、揺れのエネルギーを吸収するシステムです。










北東側から見た建設中のローレルタワー御堂筋本町の様子です。

共用施設には、ウェルカムラウンジやゲストルーム、コンシェルジュカウンター、オーナーズラウンジ、各階にごみ置き場が配置されるとのことです。








現地仮囲いに貼られている公開空地の完成予想パースです。
敷地内には歩道状公開空地として、「ガーデンウォーク」という空間が設けられます。
街路樹が立ち並ぶ緑豊かな空間となるようです。










現地仮囲いに貼られているローレルタワー御堂筋本町からの展望、景色です。
梅田や中之島の超高層ビル群から難波方面まで望むことができます。


整理番号B-0915-02
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment