FC2ブログ
新宿住友ビル改修計画 2020年1月建設状況、現地の様子 [国家戦略特区認定] - 新宿区の超高層ビル・タワーマンション

新宿住友ビル改修計画 2020年1月建設状況、現地の様子 [国家戦略特区認定]

  •   20, 2020 07:13
  •  0
  •  0
新宿住友ビル改修計画は東京都新宿区西新宿に建つ54階建て、高さ211.381mの新宿住友ビルを改修・リニューアルする工事で、増築部分地上にアトリウムによる屋内型の広場、地下に大規模2,000人収容のイベントホール「新宿住友ホール」がそれぞれ整備されます。

アトリウムは、地上部の公開空地に7階建て相当のガラス張りの大屋根を架け、国内最大級の全天候型イベント空間である「三角広場」となります。





◆参考資料、引用元
【国家戦略特区事業】公開空地をガラスの大屋根で覆う大規模リノベーション
新宿中心部に巨大な全天候型イベント空間「新宿住友ビル・三角広場」誕生

日刊建設工業新聞 住友不/新宿住友ビル大規模改修(東京都新宿区)/大成建設で準備工着手
「新宿住友ビル 大規模改修計画」
国土交通大臣の民間都市再生事業計画の認定を受けました

IT media 新宿の「三角ビル」に2000人収容の巨大イベント空間 住友不動産が6月に開業






出典:住友不動産ニュースリリース





■概要
・名称  新宿住友ビル改修計画
・計画名 新宿住友ビル改修計画
・name  Shinjuku Sumitomo Building Renovation Plan
・中文名 新宿住友大楼整修计划
・所在地 東京都新宿区西新宿2丁目6番
・階数  地上54階、地下4階建て
・高さ  211.381m
・構造  鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート
・敷地面積 14,446.46㎡
・建築面積 5,569.37㎡ (合計:13,838.31m)
・延床面積 14,292.03㎡ (合計:180,164.76㎡)
・着工  2017年12月20日
・竣工  2020年5月31日
・建築主 住友不動産
・設計  日建設計
・施工  大成建設
・最寄駅 都庁前、西新宿、新宿、新宿西口
(2020年1月15日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。








配置図です。

出典:住友不動産ニュースリリース








断面図です。

出典:住友不動産ニュースリリース











南東側から見上げた新宿住友ビルです。
新宿住友ビル本体は1974年3月に竣工した日本初の高さ200m超え超高層ビルで、規模は地上54階、地下4階建て、高さ211.381m、延床面積14,292.03㎡ (合計:180,164.76㎡)となっています。










南側低層部分の様子です。
ガラス張りの大屋根が姿を現しています。










ガラス張りの大屋根は曲面や三角形などが混じり合う複雑な形状をしています。









南側正面から見た新宿住友ビル改修計画の様子です。









南側正面から見上げた新宿住友ビル本体の様子です。









北側から見た新宿住友ビル改修計画の様子です。
北側の低層部分に「三角広場」が設けられ、広さは3,250㎡、高さは最大25m、有効22mの大空間となります。

4K、564インチの大型ビジョンも設置されるほか、約2,000人規模の無柱空間となるため、大規模なイベント開催に利用できるほか、災害時の一時避難場所としても活用される計画です。










「三角広場」の完成予想パースです。

出典:住友不動産ニュースリリース







北側低層部分の「三角広場」はこのような外観デザインとなります。

出典:住友不動産ニュースリリース








新宿住友ビル改修計画全体の鳥瞰パースです。
2016年に内閣府の国家戦略特区認定事業となり本格的に再開発が動き出しています。

出典:住友不動産ニュースリリース

整理番号B-1027-01
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment