FC2ブログ
(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)/(仮称) 北品川5丁目計画 2020年2月建設状況、現地の様子 - 品川区の超高層ビル・タワーマンション

(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)/(仮称) 北品川5丁目計画 2020年2月建設状況、現地の様子

  •   03, 2020 07:07
  •  0
  •  0
(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)は東京都品川区北品川で建設中の19階建て、高さ90mの超高層ビルです。

2007年までソニーが本社として使用していた「NSビル」や「4号館」が建っていた跡地で、2014年に住友不動産が2棟の土地・建物を取得、国土交通省の民間都市再生事業計画に認定され、再開発が進められています。





◆参考資料、引用元
オフィスビルの急速な供給が進む山手線南半球の主要なビジネスエリア“大崎・品川エリア”の発展を拡充する大規模オフィスビル開発「(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト」着工
日刊建設工業新聞 住友不/ソニー旧本社跡地開発(東京都品川区)/18年3月末にオフィスビル着工へ
国土交通省 民間都市再生事業計画((仮称)北品川5丁目計画)を認定~高品質なオフィス、広場、緑化空間の整備によりうるおいある







出典:住友不動産 ニュースリリース





■概要
・名称  (仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)
・計画名 (仮称) 北品川5丁目計画
・name  (Tentative name) Sumitomo Realty & Development Osaki East Project (former development of former Sony headquarters)
・中文名 (临时名称)住友不动产与开发大崎东项目(原索尼总部开发)
・所在地 東京都品川区北品川5丁目420番1
・階数  地上19階、地下2階建て
・高さ  90m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 7.102.36㎡
・建築面積 2,800㎡
・延床面積 48,000㎡
・着工  2020年1月7日 (現地概要板:2019年12月16日)
・竣工  2022年3月31日
・建築主 住友不動産
・設計  日建設計
・施工  清水建設
・最寄駅 大崎、五反田、品川、北品川
(2020年2月11日撮影)







現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。









配置図です。

出典:住友不動産 ニュースリリース







西側から見た建設中の(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)の様子です。
BCP対策強化として、基礎免震構造の採用や3回線スポットネットワーク受電を採用しています。

3回線スポットネットワーク受電とは、配電線が1本断線しても、他の2本で継続送電を可能とするものです。
また、ビルに貯蔵している重油により72時間分の自家発電も可能となっているとのことです。









北側から見た建設中の(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)の様子です。









東側から見た建設中の(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)の様子です。










南側から見た建設中の(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)の様子です。









すぐ北側には、2011年に竣工した石積み風の外観デザインが特徴的なオフィスビル「ガーデンシティ品川御殿山」が広がります。
ガーデンシティ品川御殿山のあった場所には、かつて徳川将軍家の別邸が立地したお屋敷街だったとのことです。


整理番号B-1036-01
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment