FC2ブログ
シャープ旧本社地区・田辺ビル跡地再開発 / 西田辺50階ツインタワー構想 2019年12月末現地の様子 - 大阪市の超高層ビル・タワーマンション

シャープ旧本社地区・田辺ビル跡地再開発 / 西田辺50階ツインタワー構想 2019年12月末現地の様子

  •   02, 2020 07:09
  •  0
  •  0
大阪府大阪市阿倍野区に位置するシャープ旧本社地区と田辺ビル跡地では、シャープと野村不動産によって地上50階建て程度のツインタワー構想が進められています。

オフィスビルやタワーマンション等が入る大規模複合施設を2021年に竣工させる計画のほか、北側に位置していたシャープ旧本社の跡地にはニトリが2020年以降に店舗建設に着手する計画となっています。






◆参考資料、引用元
共同通信 シャープ、戴会長が続投意向 21年度まで、新本社構想も
産経Biz シャープ、野村不と再開発 大阪・旧本社地区「田辺ビル」取り壊し
読売新聞 シャープ本社ビル跡 ニトリ新店舗開設へ…大阪・西田辺 五輪の後













■概要
・名称  シャープ旧本社地区・田辺ビル跡地再開発
・計画名 ---
・name  Redevelopment of former Sharp headquarters area and Tanabe Building site
・中文名 夏普前总部地区・田边建筑工地的再开发
・所在地 大阪府大阪市阿倍野区西田辺町1丁目3番
・階数  北棟:地上50階程度
     南棟:地上50階程度
・高さ  約180~220m(詳細不明、高さ推定)
・構造  ---
・総戸数 ---
・敷地面積 ---
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・着工  ---
・竣工  2021年
・建築主 シャープ、野村不動産
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 西田辺、鶴ヶ丘、南田辺
(2019年12月30日撮影)







北側敷地であるシャープ旧本社跡地です。
シャープが経営危機に陥っていた2016年に旧本社ビルをニトリに、南側の田辺ビルをNTT都市開発に合計188億円で売却しており、田辺ビルは買い戻すことができたとのことですが、旧本社はニトリ側が応じず、こちらはニトリによる単独開発となります。










北東側から見た北側敷地であるシャープ旧本社跡地の様子です。









南西側から見た田辺ビル跡地の様子です。
撮影時は既存建築物がまだ残っていました。









南東側から見た田辺ビル跡地の様子です。
元々は北側の旧本社も買い戻してツインタワーとして開発する計画でしたが、南側敷地しか確保できていないため、ツインタワーとして建設されるかはわかりません。

北側敷地のニトリ側が持つ空中権を得ることができれば、容積を増やすことができるかもしれませんね。








南西側から見た田辺ビル跡地の様子です。








東側に隣接する長池公園の様子です。
何となく、柏の葉キャンパスのアクアテラスに似ていましたが、アクアテラスのように水辺に降りることはできませんでした。



整理番号 B-1033-01、B-1034-01
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment