FC2ブログ
東池袋一丁目地区市街地再開発事業 2020年3月現地の様子 - 豊島区の超高層ビル・タワーマンション

東池袋一丁目地区市街地再開発事業 2020年3月現地の様子

  •   27, 2020 19:24
  •  0
  •  0
東池袋一丁目地区市街地再開発事業は東京都豊島区東池袋で計画されている30階建て、高さ180mの超高層ビルで、オフィスを中心とし、文化体験施設やイベントホールなども配置される施設構成となります。

「国家戦略特区」による都市再生プロジェクトとして計画されており、2020年度内に都市計画決定予定、都市計画決定後、準備組合は本組合に移行する予定で、2022年度着工、2025年度竣工予定となっています。





◆参考資料、引用元
建設通信新聞 14.5万㎡複合施設/住友不が参画、22年度着工/東池袋一丁目再開発
豊島区 東池袋一丁目地区市街地再開発事業について





出典:建設通信新聞





■概要
・名称  東池袋一丁目地区市街地再開発事業
・計画名 東池袋一丁目地区市街地再開発事業
・name  Higashi-Ikebukuro 1-chome Area Urban Redevelopment Project
・中文名 东池袋一丁目地区城市再开发项目
・所在地 東京都豊島区東池袋一丁目45~48番
・階数  地上30階、地下3階建て
・高さ  180m
・構造  ---
・敷地面積 9,900㎡(事業区域:15,000㎡)
・建築面積 ---
・延床面積 約145,000㎡
・着工  2022年度
・竣工  2025年度
・建築主 東池袋一丁目地区市街地再開発準備組合 (事業協力者:住友不動産)
・設計  コンサルタント:アール・アイ・エー
・施工  ---
・最寄駅 池袋
(2020年3月26日撮影)







東池袋一丁目地区市街地再開発事業の位置図です。

出典:豊島区







再開発計画地内の建築物の現況 (築年数)です。

出典:豊島区







南西側から見た東池袋一丁目地区市街地再開発事業計画地の様子です。
計画地の南西側はコインパーキングとして使われています。










北西側から見た東池袋一丁目地区市街地再開発事業計画地の様子です。
築40~50年程度の老朽建築物も建っています。









計画地の奥には、33階建て、高さ158.28mの「Hareza (ハレザ) 池袋 ハレザタワー」も見えます。

東池袋一丁目地区市街地再開発事業はこちらよりも高さの高い超高層ビルとなり、フロア構成は、地下にイベントホールや駐車場、低層部に文化体験施設等、中高層部分をオフィスとする計画となっています。









北東側から見た東池袋一丁目地区市街地再開発事業計画地の様子です。








南東側から見た東池袋一丁目地区市街地再開発事業計画地の様子です。







北西側には、高さ210mの豊島清掃工場煙突が建っています。



整理番号B-1044-01
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment