FC2ブログ
枚方市駅周辺再整備 京阪神大都市圏 郊外都市最大規模の再開発計画! - 都市開発

枚方市駅周辺再整備 京阪神大都市圏 郊外都市最大規模の再開発計画!

  •   21, 2020 08:14
  •  0
  •  0
枚方市駅周辺再整備は大阪府枚方市で計画されている大規模再開発事業で、枚方市駅周辺整備基本構想の対象区域は約40ha、具体的な計画が進められている「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」を含めたパース上に描かれている超高層タワーマンションは合計5棟、公共施設や都市型商業施設も同時に整備する構想となっています。

現在の想定スケジュールでは、着工が④、⑤街区は2024年度頃、駅前の②街区は2026年度頃、④、⑤街区は2033年度~2035年度頃、②街区は2030年度頃となっています。
また、2020年1月24日に内閣府(都市再生本部)の「都市再生緊急整備地域」に指定され、京阪神大都市圏 郊外都市最大規模の再開発着手へと歩み始めています。



◆参考資料、引用元
枚方市 枚方市駅周辺再整備について
枚方市 ~枚方市駅周辺再整備の実現に向けて~
枚方市 枚方市駅周辺再整備基本計画(草案)




2020-05-16 (1)
出典:枚方市





■概要
・名称  枚方市駅周辺再整備
・計画名 枚方市駅周辺再整備
・name  Redevelopment around Hirakata City Station
・中文名 枚方市车站周边的再开发
・所在地 大阪府枚方市岡東町、大垣内町
・開発面積 約40ha*枚方市駅周辺整備基本構想対象区域
・着工  ④、⑤街区:2024年度頃、②街区:2026年度頃
・竣工  ④、⑤街区:2033年度~2035年度頃、②街区:2030年度頃
・最寄駅 枚方市
(2020年1月3日撮影)




枚方市駅周辺再整備の配置図です。
京阪本線、交野線の枚方市駅前に①、②街区、現在、市民会館や市役所のある場所に④街区、税務署や市役所分間の位置する場所に⑤街区という配置になります。
2020-05-16.png
出典:枚方市




②街区に該当する駅前広場の完成予想パースです。
交通結接点の機能強化を目指して通過交通を抑制した駅前交通広場が再整備され、バス・自家用車送迎用のロータリーが整備されます。
2020-05-16 (4)
出典:枚方市





京阪電車枚方市駅から南東方向へ「ふれあい軸」として広場が整備されます。
2020-05-16 (6)
出典:枚方市






広場には商業施設が面しており、都市の賑わい活性化に繋がる空間設計がなされています。
中低層部分の商業施設の上、高層部分にはマンションも建設され、人口流入を後押しするものと思われます。
2020-05-16 (7)
出典:枚方市





駅前広場とふれあい軸、中低層の商業施設を鳥瞰したイメージパースです。
2020-05-16 (5)
出典:枚方市






広場のイメージパースです。
2020-05-16 (3)
出典:枚方市







枚方市駅前に建つ「枚方T-SITE」です。
近鉄百貨店枚方店跡地に2016年5月16日に開業した再開発商業施設となっており、多数のキューブが積み重なった特徴的な外観デザインが印象的です。
20200519142310101.jpg





枚方市駅南東側、現在、ひらかたサンプラザ1号館とニッペパーク岡東中央公園のある場所は④街区の広場として新たに整備されます。
20200519142312633.jpg






こちらは枚方市駅前から見た南西側の様子です。
既存のビル跡地には①街区としてタワーマンションや商業・業務施設が建設されるものと思われます。
20200519142315182.jpg






南側から見た枚方市駅周辺再整備①街区の様子です。
20200519142317560.jpg






北西側から見た枚方市役所の様子です。
こちらは④街区となっており、先ほどのひらかたサンプラザ1号館とニッペパーク岡東中央公園跡地に整備される広場がここまで延長される計画となっています。
20200519142319722.jpg






南側から見た枚方市役所の様子です。
現本館の竣工は1960年で、既に竣工から50年が経過しています。
20200519142322242.jpg






枚方市役所南東側の様子です。
現在は、枚方市駅から続く幅の狭い遊歩道と街路樹空間が続いています。
20200519142324771.jpg




遊歩道の街路樹空間です。
再開発後は更にゆとりある歩行空間、広場空間へと生まれ変わります。
20200519142327207.jpg





南側から見た⑤街区の様子です。
こちらには市役所や行政機能が入る新合同庁舎が建設される計画となっています。
20200519142331892.jpg





枚方郵便局は再開発対象区域に含まれておらず、今後もここに残ると思われます。
20200519142419602.jpg






街区⑤計画地の東側には大阪府枚方土木事務所が建っています。
行政機能が分散されていたため、再開発用地の確保が容易だったことや、合同庁舎建設による機能集約が可能なこと、余った土地の民間活用など行政側や市民側双方からメリットの大きい再開発だと感じました。
20200519142426474.jpg







北側から見た街区⑤に建つ枚方市役所分館です。
20200519142424250.jpg





東側から見た④街区計画地に建つ枚方市役所です。
20200519142429036.jpg






北東側から見た④街区、枚方市役所の様子です。
20200519142430967.jpg






枚方市駅周辺はこのような超高層タワーマンション群と都市型商業施設が建ち並ぶ賑わいあふれる都市へと変貌します。
関西圏郊外では高槻や堺の駅前よりも都会的な雰囲気になりそうです。
今後の都市形態の変化を見据えて、スマートシティやドローン宅配、ITやAIを活用した最先端都市になれば更に面白くなるかなと思います。
2020-05-16 (2)
出典:枚方市

整理番号 枚方市駅周辺再整備 京阪神大都市圏 郊外都市最大規模の再開発計画!
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment