FC2ブログ
オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎 - 都市開発

オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎

  •   25, 2020 04:52
  •  0
  •  0
オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎は愛知県岡崎市の名鉄名古屋本線東岡崎駅と乙川との間に建つ都市型複合施設で、レストランやカフェなどの飲食店舗やコンビニなどの物販店舗、ホテルなどの施設が整備されています。

北店舗棟、南店舗棟、ホテル棟、駐車場棟の4棟構成となっており、北店舗棟・駐車棟は地上5階建て、南店舗棟は地上3階建て、ホテル棟は地上9階建てとなっています。
商業施設名に採用された「オト」は、目の前を流れる乙川の「オト(乙)」とジャズのまち岡崎に響く楽器の音「オト(音)」を掛け合わせた言葉とのことです。


「ひがおか」こと東岡崎駅からはペデストリアンデッキで接続され、乙川沿いには明代橋公園も整備されたことから、単なる交通結節点としてだけでなく、市民の交流・生活拠点を創出し駅周辺の活性化を行うものとされています。




◆参考資料、引用元
スターツ 名鉄名古屋本線「東岡崎」駅とペデストリアンデッキで直結 『OTO RIVERSIDE TERRACE (オト リバーサイドテラス)』 11月2日(土)グランドオープン
岡崎市 東岡崎駅周辺地区整備北東街区有効活用事業 事業計画書
岡崎市 北東街区有効活用事業
内田やすひろの政策日記 「東岡崎駅周辺地区整備 北東街区有効活用事業」の概要決定!
岡崎市 北東街区有効活用事業
岡崎市公式 岡崎おでかけナビ 徳川家康公像
岡崎市 乙川リバーフロント地区かわまちづくり




◆過去の記事
→2017年9月3日投稿 東岡崎駅周辺地区整備北東街区有効活用事業
→2018年10月15日投稿 東岡崎駅周辺地区整備北東街区有効活用事業
→2019年4月2日投稿 東岡崎駅周辺地区整備北東街区有効活用事業




20200624214610052.jpg






■概要
・名称  オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎
・計画名 東岡崎駅周辺地区整備北東街区有効活用事業
・name  Higashiokazaki Station area improvement northeastern block effective utilization business
・中文名 东冈崎站地区改善东北区块有效利用事业
・所在地 愛知県岡崎市上明大寺町二丁目14番1
・階数   NORTH 北棟・駐車場棟:地上5階建て、ホテル棟:地上9階建て、SOUTH 南棟:地上3階建て
・店舗数 17店舗
・敷地面積 6,559.38㎡(NORTH 北棟・駐車場棟:4,271.27㎡、ホテル棟:1,017.90㎡、SOUTH 南棟:1,052.52㎡)
・建築面積 NORTH 北棟・駐車場棟:2,905.49㎡、ホテル棟:649.55㎡、SOUTH 南棟:705.94㎡
・延床面積  NORTH 北棟・駐車場棟:9,302.54㎡、ホテル棟:3,696.47㎡、SOUTH 南棟:1,110.83㎡
・竣工・開業 
・建築主 東岡崎駅北東街区複合施設 (出資者代表企業:スターツコーポレーション、構成企業:アール・アイ・エー、岡崎信用金庫、岡崎ニューグランドホテル、中部スターツ)
・着工   2018年4月10日
・施工  2019年7月31日
・最寄駅 東岡崎
(2020年3月24日撮影)






オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎の配置図です。
名鉄名古屋本線東岡崎駅に近い敷地南西側に店舗、また、乙川沿いにも店舗が並び、駅前と乙川沿いが賑わうように設計されています。
ホテル棟は敷地中央に9階建ての高層で計画されています。
20190328221549832.jpg
出典:岡崎市







オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎の断面図です。
高層のホテル棟の高さは33,400mmで計画されています。

出典:岡崎市





オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎の計画時の鳥瞰イメージパースです。
20200624233551751.jpg
出典:岡崎市






乙川南側に整備された街路から見たオト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎の様子です。
石畳や松の街路樹が和の趣を都市空間に醸し出しています。
20200624214612901.jpg





オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎のホテル棟である「グランドイン東岡崎」です。
地上9階建て、客室数102室の駅直結ホテルとなっており、フロア構成は1階にロビー・フロント、喫煙コーナー、フラワーショップ、3階に朝食会場、会議室、ホワイエ、4~9階に客室となっています。
20200624214615399.jpg






こちらは乙川に面して建設されたオト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎のNORTH 北棟です。
地上5階建て、高さ16.8mの商業施設棟で、乙川や市街地への顔となる象徴的な大屋根が特徴です。
20200624214619242.jpg






現地に掲載されているオト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎のフロアマップとテナント一覧です。
20200624214838719.jpg







敷地東側には立体駐車場棟もあり、収容台数は自転車が1,400台、自動車は198台となっています。
20200624214621478.jpg







オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎 NORTH 北棟の2階デッキから見た乙川の様子です。
春には目下に桜並木が広がります。
軒天井や床面が木目調であったり、サッシ枠が黒であったりと和風モダンな印象の空間が構築されています。
20200624214623410.jpg







乙川に面して「明代橋公園」が当該再開発に併せて整備されています。
20200624214625955.jpg






オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎 NORTH 北棟の回廊はペデストリアンデッキと接続されています。
20200624214628113.jpg






オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎 NORTH 北棟とホテル棟との間にある広場です。
吹き抜け空間の周囲をペデストリアンデッキから直結しているデッキ回廊が囲んでいます。
エレベーターも黒いフレームに全面ガラス張りのシンプルモダンなデザインで美しいですね。
20200624214630192.jpg





オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)のロゴです。
駐車場棟の壁面に設置されています。
20200624214831308.jpg







ペデストリアンデッキの様子です。
バスターミナル直上にデッキ広場が整備されており、立体的に空間が有効活用されています。
20200624214833232.jpg







東岡崎駅の交通結節点として機能する地上部に整備されたバスバースの確保されたバスターミナルです。
20200624214835582.jpg






オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎 SOUTH 南棟の様子です。
1階にも歩道に面して店舗が並びます。賑わうと良いですね!
20200624214841264.jpg






ペデストリアンデッキの途中にあるバスターミナル上の広場には「徳川家康公像」がありました。
家康公が松平から徳川に改姓した25歳当時の姿をしており、大きさは銅像が高さ約5.3メートル、奥行き約4.8メートル、幅約2.4メートル、台座が高さ約4.2メートルとなっています。
高さは台座と銅像を合わせると約9.5メートルにもなり、日本最大級の騎馬像とのことです。
20200624214843903.jpg






名鉄名古屋本線東岡崎駅に直結しているペデストリアンデッキの様子です。
緩やかにカーブしています。
20200624214846386.jpg








地上から見上げたペデストリアンデッキと東岡崎駅東口です。
元々、この場所には交番がありましたが曳家で東側へ移設されています。
東岡崎駅は岡崎市の中心駅として機能しており、1日平均乗降客数は40,015人と名鉄で4番目に多く、年々利用者が増加していることから、間もなく3番目に利用者の多い名古屋・栄のターミナル駅である栄町駅に追いつく可能性もあります。
20200624214849212.jpg






南西側から見たオト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎の様子です。
会社帰りに買い物できそうなスーパーマーケットが無い点が惜しいところですが、コンビニエンスストアは入っています。
20200624214851676.jpg





●整備の進む乙川リバーフロントエリア
乙川に新たに架けられた人道橋「桜城橋」は東岡崎駅から籠田公園への「天下の道」の途中にある橋です。
周辺では乙川リバーフロント地区かわまちづくりの一環として街路整備や景観整備が行われ、美しい街並みが創出されています。
20200624214855256.jpg






乙川とオト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎、先行して建設された15階建て、総戸数151戸の高層マンション「カーサビアンカ東岡崎」の様子です。
20200625002543330.jpg

整理番号 オト リバーサイド テラス(OTO RIVERSIDE TERRACE)/グランドイン東岡崎
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment