FC2ブログ
東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)A棟 2020年6月建設状況、現地の様子 小千谷市と協働して「錦鯉」の泳ぐ池設置へ! - 千代田区の超高層ビル・タワーマンション

東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)A棟 2020年6月建設状況、現地の様子 小千谷市と協働して「錦鯉」の泳ぐ池設置へ!

  •   29, 2020 06:56
  •  0
  •  0
東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) は東京都千代田区大手町、東京都中央区八重洲の東京駅日本橋口前で行われている大規模複合再開発です。

合計4棟のビルが建設され、うち2棟は高さ100m以上の超高層ビルとなります。A棟は2021年4月末竣工予定、地上40階、地下5階建て、高さ212mの超高層ビル、B棟は2027年度竣工予定、地上63階建て、地下5階建て、高さ390mとなり、B棟は日本一の高さを誇る超高層ビルとなる計画です。


東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)A棟のフロア構成は、地下5階から地下3階に駐車場、地下1階~地上2階に店舗、1階~2階にエントランス、車寄せ、ロビー、3階に共用サービススペース、4階~7階に機械室、8階に共用サービススペース、9~37階に事務所(オフィス)が入る計画となっています。

2020年6月時点では、40階付近の鉄骨建方が進められており、間もなく上棟かと思われます。





◆参考資料、引用元
TOKYO TOKIWABASHI 2027 東京駅前常盤橋プロジェクト 公式サイト
東京駅前 3ha 超の大規模複合再開発「常盤橋街区再開発プロジェクト」計画概要について
高さ日本一(約 390m)の大規模複合再開発「常盤橋街区再開発プロジェクト」第一弾 D 棟(下水ポンプ所)新築工事着工 ~東京駅前で 10 年超の長期プロジェクトがいよいよ始動~
大手町・丸の内・八重洲・日本橋の結節点における敷地面積 3.1ha の大規模再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト」A棟新築工事着工―「働く」ことは「人が動き、交わる」こと。これからの「働く」を発信するシンボルタワーへ。―
東京都 報道発表資料 大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発の施行認可
小千谷市 「東京駅前常盤橋プロジェクト」広場に泳ぐ宝石「錦鯉」の池を設置
YouTube 三菱地所公式チャンネル 東京駅前常盤橋プロジェクト/TOKYO TOKIWABASHI 2027
建設通信新聞 63階55万平米に変更/常盤橋プロジェクトB棟/三菱地所
建設通信新聞 【東京駅前常盤橋プロジェクト】広場に錦鯉が泳ぐ池 新潟県小千谷市がPRゾーンを提案





◆過去の記事
→2015年9月1日投稿 東京駅前に高さ390mの超高層ビル計画 (常盤橋地区再開発)
→2018年2月23日投稿 東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)A棟
→2018年8月9日投稿 東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟
→2019年5月8日投稿 東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟
→2019年10月8日投稿 東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟
→2020年1月21日投稿 東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟






20200627222842104.jpg







■概要
・名称  東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟
・計画名 東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟
・name  Tokiwabashi Project in front of the Tokyo station (Otemachi 2-chome Tokiwabashi area first type city redevelopment project) Building A
・中文名 东京站常磐项目(大手町丁目常盘区一流的旧城改造项目)A栋
・用途  A棟:事務所、店舗、駐車場等
     B棟:事務所、店舗、駐車場等
     C棟:店舗、変電所、駐車場等
     D棟:事務所、下水ポンプ場、駐車場等
・階数  A棟:地上40階建て、地下5階建て (運用上:地上38階、地下5階建て)
     B棟:地上63階建て、地下4階建て
     C棟:地上1階、地下4階建て
     D棟:地上9階、地下3階建て
・高さ  A棟:212m
     B棟:390m
     C棟:10m
     D棟:65m
・構造  鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・基礎工法 直接基礎、杭基礎 (一部併用)
・敷地面積 31,400㎡ (街区全体)
・建築面積 20,400㎡ (街区全体)
      A棟:4,000㎡
      B棟:13,200㎡
      C棟:300㎡
      D棟:2,900㎡
・延床面積 686,000㎡(街区全体)
      A棟:146,000㎡
      B棟:545,000㎡
      C棟:20,000㎡
      D棟:30,000㎡
・着工  A棟:2017年4月上旬
     B棟:2023年度
     C棟:Ⅰ期:2018年1月
       Ⅱ期:2023年度
     D棟:2017年4月上旬
・竣工  A棟:2022年3月
     B棟:2027年度
     C棟: Ⅰ期:2021年6月末
       Ⅱ期:2027年度
     D棟:2022年3月
・建築主 三菱地所
・設計  A棟:三菱地所設計
     B棟:---
     C棟:Ⅰ期:三菱地所設計
       Ⅱ期:---
     D棟:三菱地所設計、日本水工設計
・施工  A棟:戸田建設
     B棟:---
     C棟:Ⅰ期:戸田建設
       Ⅱ期:---
     D棟:三井住友建設
・最寄駅 東京、日本橋、大手町、三越前
(2020年6月21日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。









東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)の位置図です。
20200627235657929.jpg
出典:東京駅前常盤橋プロジェクト公式サイト





東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)の配置図です。

出典:東京都







東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)の断面図です。

出典:東京都









東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の断面図です。

フロア構成は、地下5~3階に駐車場、地下2~1階に地下鉄コンコース、1~2階にエントランスや車寄せ、店舗、3階と8階に共用サービススペース、4~7階に機械室、9~37階にオフィスとなります。

出典:東京駅前常盤橋プロジェクト 公式サイト








東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の完成予想パースです。

「常盤橋街区」は、江戸城へ向かう表玄関である「常盤橋御門」が存在し、武家屋敷が広がる起点となる場所であったことを受け、伝統を継承し、次の100年も東京駅前で東京の成長を牽引していくという想いを込め、未来を拓く「刀」、歴史や伝統の奥深さを感じさせる「重ね」を表現した、シンボリックなデザインとされているようです。

各方向から見えるシルエットに変化を付けることで多様性を同時に表現しており、低層部においては、「行燈」や「桟敷」といった日本的な要素を取り入れ、中と外が呼応し、ゆるやかに融合するデザインが採用されています。
20200627224519765.jpg
出典:東京駅前常盤橋プロジェクト 公式サイト






北東側から見上げた建設中の東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)の様子です。
再開発が進む大手町、丸の内、八重洲、日本橋の結節点であり、中間地点に位置する常盤橋地区で建設が進められています。
20200627222844776.jpg






外壁カーテンウォールは新丸の内ビルディングに通じる漆黒のカーテンウォールが用いられており、重厚感を感じるデザインとなっています。
20200627222847925.jpg





北東側から見た建設中の東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の低層部分の様子です。
20200627222850472.jpg






南東側から見た建設中の東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の低層部分の様子です。
南東側、呉服橋交差点側はアールを描いた外観となっており、このアールは低層部分のみならず高層部分まで同じように伸び続けています。
20200627222852761.jpg






南側から見上げた建設中の東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の様子です。

A棟では、生体認証による強固なセキュリティシステム導入のほか、共用カフェテリアでの生体認証決済システム、位置情報を活用した混雑緩和支援や就業者の身体状態に応じた行動支援(バイタルセンシング)など、時間の価値と自由度を高めるICTサービスを本格導入し、就業者専用サイトやモバイルアプリ等を活用した利便性の高いサービスを展開する計画となっています。
20200627222855002.jpg







南西側から見た建設中の東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の様子です。
個人的にはこの角度から見上げるのが好みです。
この外観で低層部分からほとんどセットバックせず垂直に建っている姿は格好良いですね!
20200627222857242.jpg







コロナ禍で半年近く撮影ができなかったため、鉄骨建方が急激に進んでおり、まもなく上棟というところまで来ていました。
20200627222859479.jpg






真下から見上げた建設中の東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の様子です。
20200627222903963.jpg







北西側から見た建設中の東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の様子です。
オフィス有効面積は約 23,400坪、フロア面積は約 780坪の無柱空間が確保され、約8,000人もの就業者の入居を想定しているとのことです。

全オフィスフロアからダイレクトにアクセス可能
な3階と8階に、就業者の共用サービススペースを拡充、整備する計画で、3階には共用カフェテリアやイベント・ミーティングスペース等、新しいスタイルのワークプレイスが整備されます。
20200627222918106.jpg






北西側から見た建設中の東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の様子です。
東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟は、約8,000人の就業者が集うコミュニケーションハブとして、全オフィスフロアからダイレクトにアクセス可能な3階と8階に、就業者の共用サービススペースが拡充整備されます。

特に、3階では「働く」を支える毎日の「食」をテーマに、健康をサポートしながら、ランチタイム以外の就業者間のコミュニケーションを促進する共用カフェテリアやイベント・ミーティングスペース等、新しいスタイルのワークプレイスを提供するものとされています。
20200627222921067.jpg










東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の呉服橋交差点側から見た完成予想パースです。

現地仮囲いより







東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) A棟の東京駅側から見た完成予想パースです。

出典:三菱地所ニュースリリース







約7,000㎡の広場のうち約3,000㎡が先行整備されます。
環境負荷低減に関わる各種取組により、国内の都心複合ビル開発プロジェクトでは初となる「SITES」認証取得を目指すとのことです。

ちなみに「SITES」とは、ランドスケープにおけるサステナビリティを評価する米国の環境認証のことです。

出典:三菱地所ニュースリリース





大規模広場内に、「錦鯉」発祥の地として知られる小千谷市と協働して、優美な「錦鯉」が泳ぐ約70㎡の鑑賞池を設置する計画も進められており、、2020年3月25日付で三菱地所と小千谷市が合意、池の完成は2021年夏頃を予定しているとのことです。

三菱地所と小千谷市が「錦鯉」が泳ぐ池を含むPR ゾーンの設置を通じて、東京駅前から地方創生に貢献することを目指し、小千谷市の魅力を全国、そして世界へと発信していくものとされています。
20200627224523445.jpg
出典:小千谷市、三菱地所ニュースリリース








「錦鯉」は、小千谷市東山地区などからなる二十村郷と呼ばれた地域が発祥とされ、江戸時代ころに、食用として飼われていた鯉に突然変異で色がついたものが最初といわれています。
「錦鯉」は、雪国の清らかな水と伝統の技法で育てられた独特な色調を持つ流麗な体形から、別名“泳ぐ宝石”とも称されており、ケンカをしない習性から“平和のシンボル”とも呼ばれているとのことです。
20200627224525773.jpg
出典:小千谷市、三菱地所ニュースリリース

整理番号B-0354-07
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment