超高層ビル・都市開発研究所

東京銀行協会ビルディングやみずほ銀行前本店ビル跡地に建設された「丸テラ広場」や「和田倉小径」等の屋外空間が丸の内仲通りに調和する超高層ビル!“みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラス/(仮称)丸の内1-3計画

2021/05/30
千代田区の超高層ビル・タワーマンション 0
みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラス

みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスは東京都千代田区丸の内に建つ29階建て、高さ149.70mの超高層ビルで、「銀行会館」、「東京銀行協会ビル」、「みずほ銀行前本店ビル」を(仮称)丸の内1-3計画として再開発し、「みずほ丸の内タワー」には、みずほフィナンシャルグループの本部機能が集約されたオフィス、飲食・物販・サービスの計11店舗で構成される商業施設、日比谷通り側には「銀行会館」が建設されています。

また、東京駅と大手町エリアを繋ぐ地下歩行者ネットワークを構築しているほか、憩いや賑わいの場となる「丸テラ広場」や「和田倉小径」等の屋外空間も整備され、地域冷暖房システムの採用も併せてインフラ機能の強化もなされています。

丸の内仲通りや永楽小径の賑わいを計画地内に引き込む建物間貫通通路として「和田倉小径」を整備し、敷地内を東西に行き来できるようになったほか、丸の内仲通り沿道は商業店舗の賑わいやサイネージ等による情報発信、アート等の設置により快適な歩行者空間が創出されています。


2018年1月15日に着工、2020年9月30日に竣工し、11月6日に竣工式、商業ゾーンは11月5日にグランドオープンしています。





参考資料、引用元

「(仮称)丸の内 1-3 計画」 着工~みずほ銀行前本店ビル・銀行会館・東京銀行協会ビル建て替え~
三菱地所 「(仮称)丸の内1-3計画」アネックス棟 建物名称決定
多彩な人々が輝く舞台「丸の内テラス」11月5日オープン<丸の内NEXTステージ 再開発計画 第1弾>
~ともに丸の内初となるルーフトップレストラン・大型エンターテインメントプレイスなど計11店舗~

三菱地所 みずほフィナンシャルグループ・全国銀行協会・三菱地所 3者共同事業 (仮称)丸の内1-3計画「みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラス」竣工~金融拠点機能のさらなる拡充と丸の内エリアの新たなにぎわいの創出~





過去の記事

→2017年5月12日投稿 (仮称)丸の内1-3計画
→2018年11月25日投稿 (仮称)丸の内1-3計画
→2018年12月2日投稿 (仮称)丸の内1-3計画
→2019年3月3日投稿 (仮称)丸の内1-3計画
→2019年6月18日投稿 (仮称)丸の内1-3計画 タワー棟
→2019年9月22日投稿 (仮称)丸の内1-3計画 タワー棟
→2020年1月24日投稿 (仮称)丸の内1-3計画
→2020年7月5日投稿 (仮称)丸の内1-3計画













概要

・名称  みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラス
・計画名 (仮称)丸の内1-3計画 タワー棟、アネックス棟
・name  Mizuho Marunouchi Tower,Bank Hall, Marunouchi Terrace
・中文名 瑞穗丸之内塔,银行大厅,丸之内露台
・所在地 東京都千代田区丸の内1丁目8番1
・用途  みずほ丸の内タワー・銀行会館:事務所、駐車場
     丸の内テラス:商業店舗、プライベートクラブ
・階数  みずほ丸の内タワー・銀行会館:地上29階、地下4階
     丸の内テラス:地上10階、地下4階
・高さ  みずほ丸の内タワー・銀行会館:149.70m (軒高:139.945m)
丸の内テラス:56.65m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・基礎工法 直接基礎
・敷地面積 11,237.35㎡
・建築面積 8,650.34㎡
・延床面積 180,988.35㎡
・着工  2018年1月15日
・竣工  2020年9月30日 (竣工式:11月6日)
・建築主 みずほフィナンシャルグループ、全国銀行協会、三菱地所
・設計  三菱地所設計、日本設計、久米設計
・施工  大林・大成・清水建設共同企業体
・最寄駅 大手町、東京
(2021年3月20日、2020年12月20日撮影)






建築計画の概要板









位置図


出典:三菱地所ニュースリリース




配置図


出典:三菱地所ニュースリリース




立面図

▼丸の内テラス

出典:三菱地所ニュースリリース




断面図


出典:三菱地所ニュースリリース




イメージパース

▼みずほ丸の内タワー・銀行会館

▼丸の内テラス

出典:三菱地所ニュースリリース












北西側から見たみずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスの様子です。

丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスでは、反射率、屈折率の高いガラスを用いたアルミカーテンウォールが採用されています。
暗色系統で反射率、屈折率の高いガラスが落ち着いた雰囲気のクールな外観を創り出しています。












北西側から見たみずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラス低層部分の様子です。
こちらの日比谷通り沿いの低層部分は「銀行会館」となっており、全国銀行協会が入っています。











南西側から見たみずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラス低層部分の様子です。










日比谷通り沿いの低層部分の「銀行会館」です。










建物角部分には「全国銀行協会」のロゴが設置されています。










みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスの南西側にはピロティ空間の車寄せがあるため、ピロティ空間から続く庇が大きく張り出しています。

手前のシンボルツリーも背後の超高層ビルという人工物と樹の自然とのコントラストが良い感じです。










カーテンウォール部分を拡大してみます。
暗色系統の色がかったカーテンウォールに白い方立のフレームが目立ちます。












みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスと東京駅周辺の超高層ビル群の様子です。丸の内の超高層ビル群のビル密度が一段と高まりました。










南東側から見上げたみずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスの様子です。

「みずほ丸の内タワー」には、みずほフィナンシャルグループの本部機能が集約され、オフィスは全館内無線 LAN 対応のロケーションフリー仕様となるほか、執務室ではグループアドレスを導入しているとのことです。

また、社内外の「偶然の出会い」「対面コミュニケーション」といった、オフィスワークならではの”得られる価値”を最大化するための多目的スペース等、社内外の知をつなぎ合わせる空間の整備もなされました。











南東側から見たみずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスの低層部分の様子です。
低層部分にはオフィスエントランスが入っています。










オフィスエントランスの様子です。









オフィスエントランス前には祝祭日に国旗を掲揚できる設備も整えられています。











みずほ丸の内タワーの銘板です。











みずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスの南西側に位置する車寄せです。
地下には駐車場が138台分確保されています。








東京銀行集会所(東京銀行協会ビルディング)のファサードの一部が保存されています。

ヴィクトリアン・カントリーハウスの意匠を反映したネオ・ルネッサンス・スタイルの建築が再開発前のこの地に一部当初部材を再利用しながら再現していた超高層ビルが建っていましたが、今回の再開発により、解体されてしまいました。

そのため、西側2階バルコニー手摺に用いられていた石材と濃赤色タイルの一部のみ保存されています。










和田倉濠側の外構の様子です。










北東側から見たみずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスの様子です。









敷地北東側の丸の内テラスを南東側から見上げた様子です。

こちらは10階建てで、低層部分には飲食店7店舗、物販・サービス4店舗、店舗面積約 2,200㎡となり、商業機能が入ります。

フロア構成は、商業ゾーン地下に就業者向けワーカーサポート店舗、商業ゾーン1階に路面飲食店舗、商業ゾーン 1~2階に大型エンターテインメントプレイス「MARUNOUCHI BASE」、3~7階にプライベートクラブ「OCA TOKYO」、商業ゾーン9~10階にルーフトップレストラン 「THE UPPER」が入ります。









丸の内仲通りの様子です。










みずほ丸の内タワー・銀行会館と丸の内テラスとの間の「和田倉小径」です。

「和田倉小径」は、丸の内仲通りや永楽小径の賑わいを計画地内に引き込む建物間貫通通路として整備されています。ガラス屋根や植栽、ベンチ等のファニチャーにより、ヒューマンスケールの憩いの場となっています。










このように乳白色のガラス屋根がかけられており、光が差し込む明るい空間となっています。









「和田倉小径」には、路面店も面しており、このようにストリートファニチャー類も置かれています。










「和田倉小径」を東側から西側を見た様子です。










「和田倉小径」を西側から東側を見た様子です。
奥へ進むと、丸の内仲通り、永楽小径となります。











南西側、「和田倉小径」から見た丸の内テラスです。










「和田倉小径」に設置されている案内板です。












案内板に掲載されている敷地配置図です。











案内板に掲載されているテナント一覧です。








丸の内テラスと丸の内仲通りの様子です。

テーブルや旗などのストリートファニチャー類、仲通りの街路樹、インターロッキング舗装されたヒューマンスケールの幅の狭い街路や歩道が調和しています。










北東側から見た丸の内テラスの様子です。











丸の内テラスのカーテンウォールは凹凸に配置されており、縦方向に取り付けられたマリオンの奥行きが異なるように感じられます。









丸の内テラス低層部分の様子です。
ネオンサインが冷たい雰囲気になりやすいオフィス街のガラス張り超高層ビルを、明るく賑わいあるイメージに仕上げています。










丸の内と大手町の結節点となる街区北側には、特徴的なフレームが備え付けられた「丸テラ広場」が整備されています。

丸の内仲通りとシームレスに繋がり、イベントの開催やイルミネーション・アート等の装飾によりエリア全体と連携することで、有楽町から丸の内にかけての賑わいを、大手町方向へも繋げていくものです。









「丸テラ広場」は東京メトロの大手町駅の出入口としても機能しています。










「丸テラ広場」のベンチと植栽が一体となったファニチャーです。
こちらにはトクサが植えられていました。










駅コンコースへ直結するエレベーターは鏡面となっており、柱部分に固定するためのエッジが目立つものとなっていました。











「丸テラ広場」のフレームがシンボリックです。








「丸テラ広場」から見上げた丸の内テラスです。










丸の内仲通りの様子です。
周辺は大手町から丸の内、日比谷、内幸町、虎ノ門方面まで連続する凄まじい超高層ビル群となってきています。

遂にみずほ丸の内タワー・銀行会館・丸の内テラスも竣工し、ここから見た迫力ある超高層ビル群の景観も完成しました。






整理番号B-0525-09竣工
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
千代田区の超高層ビル・タワーマンション
■北海道の超高層ビル・タワーマンション (24)
┣  札幌市の超高層ビル・タワーマンション (23)
┣  小樽市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  帯広市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  占冠村の超高層ビル・タワーマンション (0)
┗  留寿都村の超高層ビル・タワーマンション (0)
■東北の超高層ビル・タワーマンション (27)
┣  宮城県仙台市の超高層ビル・タワーマンション (22)
┣  山形県の超高層ビル・タワーマンション (2)
┗  福島県の超高層ビル・タワーマンション (3)
■群馬県の超高層ビル・タワーマンション (6)
■ 栃木県の超高層ビル・タワーマンション (24)
■茨城県の超高層ビル・タワーマンション (7)
┣  水戸市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┗  つくば市の超高層ビル・タワーマンション (3)
■東京都の超高層ビル・タワーマンション (1051)
┣  港区の超高層ビル・タワーマンション (254)
┣  千代田区の超高層ビル・タワーマンション (161)
┣  新宿区の超高層ビル・タワーマンション (101)
┣  江東区の超高層ビル・タワーマンション (64)
┣  中央区の超高層ビル・タワーマンション (152)
┣  品川区の超高層ビル・タワーマンション (45)
┣  渋谷区の超高層ビル・タワーマンション (103)
┣  豊島区の超高層ビル・タワーマンション (46)
┣  墨田区の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  荒川区の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  文京区の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  台東区の超高層ビル・タワーマンション (6)
┣  江戸川区の超高層ビル・タワーマンション (7)
┣  大田区の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  中野区の超高層ビル・タワーマンション (7)
┣  北区の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  練馬区の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  世田谷区の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  目黒区の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  足立区の超高層ビル・タワーマンション (5)
┣  板橋区の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  葛飾区の超高層ビル・タワーマンション (18)
┣  杉並区の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  八王子市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  府中市の超高層ビル・タワーマンション (6)
┣  小金井市の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  町田市の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  武蔵野市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  調布市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  国分寺市の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  稲城市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  立川市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  三鷹市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  東村山市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  多摩市の超高層ビル・タワーマンション (5)
┗  東京都 その他の市町村 (5)
■神奈川県の超高層ビル・タワーマンション (265)
┣  横浜市の超高層ビル・タワーマンション (129)
┣  川崎市の超高層ビル・タワーマンション (52)
┣  横須賀市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  海老名市の超高層ビル・タワーマンション (44)
┣  相模原市の超高層ビル・タワーマンション (14)
┣  厚木市の超高層ビル・タワーマンション (18)
┣  座間市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┗  伊勢原市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 埼玉県の超高層ビル・タワーマンション (75)
┣  さいたま市の超高層ビル・タワーマンション (27)
┣  川口市の超高層ビル・タワーマンション (22)
┣  所沢市の超高層ビル・タワーマンション (11)
┣  蕨市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  富士見市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  川越市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  桶川市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  春日部市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  上尾市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  新座市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  和光市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  ふじみ野市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┗  三郷市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■千葉県の超高層ビル・タワーマンション (62)
┣  千葉市の超高層ビル・タワーマンション (17)
┣  浦安市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  習志野市の超高層ビル・タワーマンション (6)
┣  柏市の超高層ビル・タワーマンション (27)
┣  船橋市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  佐倉市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  市川市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  八千代市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  流山市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  印西市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  松戸市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┗  鴨川市の超高層ビル・タワーマンション (3)
■長野県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■新潟県の超高層ビル・タワーマンション (6)
■ 静岡県の超高層ビル・タワーマンション (38)
┣  静岡市の超高層ビル・タワーマンション (18)
┣  浜松市の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  藤枝市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┗  熱海市の超高層ビル・タワーマンション (3)
■ 愛知県の超高層ビル・タワーマンション (856)
┣  名古屋市の超高層ビル・タワーマンション (718)
┣  春日井市の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  岡崎市の超高層ビル・タワーマンション (11)
┣  豊橋市の超高層ビル・タワーマンション (16)
┣  小牧市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  豊田市の超高層ビル・タワーマンション (21)
┣  安城市の超高層ビル・タワーマンション (21)
┣  西尾市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  一宮市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  岩倉市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  日進市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  長久手市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  尾張旭市の超高層ビル・タワーマンション (7)
┣  瀬戸市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  南知多町の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  刈谷市の超高層ビル・タワーマンション (27)
┣  知立市の超高層ビル・タワーマンション (11)
┗  東海市の超高層ビル・タワーマンション (2)
■岐阜県の超高層ビル・タワーマンション (44)
┣  岐阜市の超高層ビル・タワーマンション (32)
┣  大垣市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  多治見市の超高層ビル・タワーマンション (10)
┗  美濃加茂市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 三重県の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  四日市市の超高層ビル・タワーマンション (5)
┣  津市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  桑名市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┗  松坂市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 大阪府の超高層ビル・タワーマンション (329)
┣  大阪市の超高層ビル・タワーマンション (302)
┣  東大阪市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  泉佐野市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  堺市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  高槻市の超高層ビル・タワーマンション (10)
┣  守口市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  枚方市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  寝屋川市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  豊中市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  八尾市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┗  大阪府 その他の市町村 (3)
■兵庫県の超高層ビル・タワーマンション (41)
┣  神戸市の超高層ビル・タワーマンション (32)
┣  西宮市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  尼崎市の超高層ビル・タワーマンション (5)
┣  明石市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┗  宝塚市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 京都府の超高層ビル・タワーマンション (1)
■滋賀県の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  大津市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┗  草津市の超高層ビル・タワーマンション (8)
■福井県の超高層ビル・タワーマンション (6)
■ 和歌山県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 岡山県の超高層ビル・タワーマンション (10)
■広島県の超高層ビル・タワーマンション (23)
■四国の超高層ビル・タワーマンション (2)
■ 山口県の超高層ビル・タワーマンション (2)
■ 福岡県の超高層ビル・タワーマンション (37)
■ 佐賀県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 熊本県の超高層ビル・タワーマンション (5)
■ 鹿児島県の超高層ビル・タワーマンション (5)
■まちづくり・都市開発 (230)
┣  首都圏(広域関東圏)の都市開発・再開発・TOD (82)
┣  名古屋圏の都市開発・再開発・TOD (130)
┣  関西圏の都市開発・再開発・TOD (5)
┗  地方都市圏の都市開発・再開発・TOD (11)
■ 都市鉄道整備 (170)
┣  首都圏(広域関東圏)の都市鉄道整備 (64)
┣  名古屋圏の都市鉄道整備 (59)
┣  関西圏の都市鉄道整備 (2)
┣  地方都市圏の都市鉄道整備 (14)
┣  リニア中央新幹線 工事進捗 (8)
┗  鉄道車両 (8)
■海外の超高層ビル・都市開発計画 (47)
┣  中国の超高層ビル・都市開発計画 (24)
┣  インドネシアの超高層ビル・都市開発計画 (2)
┣  アメリカの超高層ビル・都市開発計画 (1)
┣  アジア・アラブ諸国の超高層ビル・都市開発計画 (6)
┣  欧州(ヨーロッパ)の超高層ビル・都市開発計画 (9)
┗  その他の国の超高層ビル・都市開発計画 (4)
□風景写真 (230)
┣  ■自宅マンションから見た景色(新、相模原市) (1)
┗  ■自宅マンションから見た景色(旧、瀬戸市) (53)
□その他 (60)
┣  □2020東京五輪関連 (5)
┣  □2025大阪万博関連 (1)
┣  □ 模型 (0)
┣  □超高層ビルのデザイン (Design of Skyscraper ) (2)
┣  □名古屋都市圏 近未来マップ (4)
┣  □ 家電、ガジェット (2)
┗  ★卒業設計 ~瀬戸グランドキャニオンの都市開発計画~ (11)
□ 過去の記事(gooブログ時代) (32)
◇閲覧数 (7)
◇都道府県・分野別リスト (1)