超高層ビル・都市開発研究所

浜松町・世界貿易センタービルの建て替え、再開発!“(仮称)浜松町二丁目4地区A街区/世界貿易センタービルディング本館”2022年6月建設状況

2022/06/26
港区の超高層ビル・タワーマンション
(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟、TM棟・EV棟)/世界貿易センタービルディング本館

(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟、TM棟・EV棟)/世界貿易センタービルディング本館は、東京都港区浜松町で建設中の地上46階、地下3階、高さ235mのA-1棟、地上8階、地下3階、高さ50mのA-2棟、地上5階、高さ33.650mのモノレール棟から構成される超高層ビルです。

浜松町二丁目4地区の街区全体で6棟、うち超高層ビル4棟からなる大規模再開発事業となっており、再開発事業により交通結節機能強化や国際交流拠点の形成、交通結節点における防災機能の強化と環境負荷低減が掲げられています。


A-1棟の施設構成は、地下に駐車場、低層部分にステーションコア、中層部分に国際医療センターやDHC・CGS、非常用発電機室、高層部分に事務所、超高層部分にホテル(国際水準の宿泊施設)、レセプション会場となります。

A-2棟の施設構成は、地下に電力設備、低層部分にバスターミナルや交通サービスコート、中層部分に歩行者広場、高層部分にレセプション会場、カンファレンスセンター、屋上庭園となります。
モノレール棟はTM棟・EV棟から構成されており、用途はモノレール浜松町駅、歩行者広場、商業施設等となります。


A-1棟は、当初、高さ約200mで計画されていましたが、高層部分に客室数約140室の国際水準のホテルを入れ、高さ235mに規模が拡大されています。

また、隣接するA-2棟には、バスターミナルや商業施設をメインとした次世代モビリティー乗降場とし、上部にレセプションホール・カンファレンスセンターを配置し、屋上は庭園とすることで4000人規模の帰宅困難者を受け入れ可能とする見込みとなっています。


建築主は世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道、設計はA-1棟が日建設計、鹿島建設、A-2棟が日建設計、鹿島建設、A-3棟(南館)が日建設計、鹿島建設、モノレール棟がジェイアール東日本建築設計事務所、施工はA-1棟が鹿島建設、A-2棟が鹿島建設、A-3棟(南館)が鹿島建設です。


着工はA-1棟の既存建築物解体着手が2021年8月1日、A-2棟本体着工が2022年5月半ば、A-3棟(南館)が2017年9月1日、モノレール棟が2021年10月22日となっており、竣工はA-1棟が2027年2月末、A-2棟が2027年2月末、A-3棟(南館)が2021年3月25日で竣工済み、モノレール棟が2027年12月31日となっています。
2022年6月時点では、既存建築物である世界貿易センタービルの解体工事が進められており、モノレール棟付近でも工事が行われています。









参考資料、引用元

内閣府 資料5 都市再生特別地区(浜松町二丁目4地区)都市計画(素案)の概要
東京モノレール モノレール浜松町駅建替工事に着手します
世界貿易センタービルディング/鹿島建設/東京モノレール/東日本旅客鉄道 「浜松町二丁目4地区」都市計画変更手続きの開始について
世界貿易センタービルディング/鹿島建設/東京モノレール/東日本旅客鉄道 浜松町駅エリアの整備計画について





過去の記事

→2021年5月21日投稿 世界貿易センタービルディング本館 A-1棟/浜松町駅西口周辺開発計画 A-1棟
→2022年3月1日投稿 (仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟、TM棟・EV棟)/世界貿易センタービルディング本館 A-1棟




(仮称)浜松町二丁目4地区 関連記事

・A街区 A-1棟:世界貿易センタービルディング本館 A-1棟(地上46階、地下3階、高さ235m)
・A街区 A-2棟:世界貿易センタービルディング本館 A-2棟(地上8階、地下3階、高さ50m)

・A街区 A-3棟:世界貿易センタービルディング南館(地上39階、地下3階、高さ197.317m)
・B街区:日本生命浜松町クレアタワー(地上29階、地下3階、高さ156m)
・C街区:WORLD TOWER RESIDENCE (ワールドタワーレジデンス)(地上46階、地下2階、高さ185.43m)












概要

名称(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟、TM棟・EV棟)/世界貿易センタービルディング本館 A-1棟
計画名(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟、TM棟・EV棟)/世界貿易センタービルディング本館 A-1棟/浜松町駅西口周辺開発計画 A-1棟
nameWorld Trade Center Building Main Building A-1/Hamamatsucho Station West Exit Area Development Plan A-1 Building
中文名世贸中心大厦本馆A-1/滨松町站西口地区开发计划A-1大厦
所在地A棟:東京都港区浜松町二丁目5番22、37、48他
モノレール棟:東京都港区浜松町二丁目5番22、37、40、45他
用途A棟:事務所、ホテル、店舗、駐車場、地域冷暖房等
モノレール棟:駅舎、店舗、駐車場
階数A-1棟:地上46階、地下3階
A-2棟:地上8階、地下3階
A-3棟(南館):地上39階、地下3階
モノレール棟:地上5階
高さA-1棟:235m
A-2棟:50m
A-3棟(南館):197.317m
モノレール棟:33.650m
構造A-1棟:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
A-2棟:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
A-3棟(南館):鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
モノレール棟:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
基礎工法A-1棟:直接基礎
A-2棟:直接基礎
A-3棟(南館):直接基礎
モノレール棟:杭基礎、直接基礎
客室数約140室
敷地面積A-1棟:15,726.55㎡※街区全体
A-2棟:15,726.55㎡※街区全体
A-3棟(南館):3,195.310㎡
モノレール棟:5,280.62㎡
建築面積A-1棟:14,500㎡※街区全体
A-2棟:14,500㎡※街区全体
A-3棟(南館):2,881.464㎡
モノレール棟:3,713.06㎡※街区全体
延床面積A-1棟:305,000㎡※街区全体
A-2棟:305,000㎡※街区全体
A-3棟(南館):95,239.380㎡
モノレール棟:10,700.12㎡
着工A-1棟:2021年8月1日※解体着手
A-2棟:2022年5月半ば
A-3棟(南館):2017年9月1日
モノレール棟:2021年10月22日(※現地概要板:2018年1月11日)
竣工2029年度※街区全体 
A-1棟:2027年2月末
A-2棟:2027年2月末
A-3棟(南館):2021年3月25日
モノレール棟:2027年12月31日
建築主世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計A-1棟:日建設計、鹿島建設
A-2棟:日建設計、鹿島建設
A-3棟(南館):日建設計、鹿島建設
モノレール棟:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工A-1棟:鹿島建設
A-2棟:鹿島建設
A-3棟(南館):鹿島建設
モノレール棟:---
最寄駅浜松町、大門

(2022年6月19日撮影)







建築計画の概要板









位置図






配置図


出典:内閣府



断面図


出典:内閣府



イメージパース

▼街区全体

出典:内閣府

▼A-1棟

出典:世界貿易センタービルディング/鹿島建設/東京モノレール/東日本旅客鉄道 ニュースリリース

▼A-2棟

出典:世界貿易センタービルディング/鹿島建設/東京モノレール/東日本旅客鉄道 ニュースリリース

▼東京モノレール浜松町駅/モノレール棟(TM棟・EV棟)

出典:東京モノレール ニュースリリース









世界貿易センタービルディング本館 A-1棟

世界貿易センタービルディング本館 A-1棟は、世界貿易センタービル跡地に建設中の地上46階、地下3階、高さ235mの超高層ビルです。

既存建築物である地上40階、地下3階、高さ152mの「世界貿易センタービル」の解体工事が進められています。
タワークレーンが設置され、屋上から解体工事が行われており、低層部分でも一部コンクリートで造られた仮設の補強及び搬出口の設置がなされ、解体、除去が本格化しています。












南東側、浜松町駅から世界貿易センタービル南館へ至るデッキから見た解体工事が進む世界貿易センタービルです。












世界貿易センタービル南館側からはペデストリアンデッキが延伸される計画となっており、現在も途中までデッキが設置されています。












解体が進む世界貿易センタービル低層部分の様子です。
地下部分まで躯体の解体工事が進み、鉄筋コンクリートが露わになっていました。












解体工事が進む世界貿易センタービル地下部分の様子です。












北西側から見た解体工事が進む世界貿易センタービルの様子です。

既存建築物の世界貿易センタービルは、高さ100m超えの超高層ビルとしては日本国内で二番目に竣工した超高層ビルで1970年3月に竣工しています。
霞が関ビルデングの竣工が1968年4月のため、こちらは日本初の超高層ビル竣工から約2年で竣工していることになります。












北西側から見た解体工事が進む世界貿易センタービル低層部分の様子です。













北東側から見た解体工事が進む世界貿易センタービルと竣工済みの世界貿易センタービル 南館の様子です。











北東側から見た解体工事が進む世界貿易センタービルの様子です。













超高層ビルの解体手法は様々な方法がありますが、世界貿易センタービルは最上階から解体していく方法が取られています。












浜松町駅西側一帯に広がる「(仮称)浜松町二丁目4地区」全景です。
日本生命浜松町クレアタワーと世界貿易センタービル南館が竣工、C街区のWORLD TOWER RESIDENCE (ワールドタワーレジデンス)の建設が進められており、世界貿易センタービル本館となる場所では既存建築物の解体、除去が進められています。











世界貿易センタービル全体の夜景パースです。

出典:内閣府










北東側、大門通り側から見た世界貿易センタービルディング本館 A-1棟低層部分の完成予想パースです。

大門通り沿いに大庇を設置し、高層棟の圧迫感の低減を図ることや大門通り沿いの地上に広幅員のオープンスペースを確保し、積極的な緑化を図ることで、緑の軸である大門通り沿いの緑の連続性を強化する計画となっています。

出典:内閣府











大門通り沿い、浜松町駅側から見た世界貿易センタービルディング本館 A-1棟低層部分の完成予想パースです。

出典:内閣府











「観光プレ体験施設」の完成予想パースです。

陸・海・空の玄関口としての立地特性を生かし、東京、港区、浜松町駅周辺エリア、更には日本各地の新たな魅力や楽しみ方を、多言語でのデジタル・リアル体験を通じて訪日外国人旅行者に情報発信する「観光プレ体験施設」を整備し、各観光地への理解度・興味関心の向上による現地への訪問意欲の向上や日本への再訪意欲の喚起を図るものとされています。

出典:内閣府










「デジタル体験」と「リアル体験」の2つの体験ができるスペースが設けられます。

出典:内閣府












世界貿易センタービル本館と南館の間を東西に中央広場が整備されます。

浜松町駅中央改札前にひろがる「中央広場」と、「ステーションコア」と呼ばれる歩行者ネットワークを一体整備することで、JR 山手線・京浜東北線、東京モノレール、都営地下鉄、バスターミナル、タクシーの各交通機関とのスムーズな乗換を実現するほか、中央広場を起点とした交通結節点の機能強化が図られます。

出典:世界貿易センタービルディング/鹿島建設/東京モノレール/東日本旅客鉄道 ニュースリリース








浜松町駅から直結する「ステーションコア」の完成予想パースです。
ステーションコアの整備により、JR浜松町駅と東京モノレール浜松町駅、タクシー、バスなどの乗り換え動線強化が行われます。

出典:内閣府












世界貿易センタービル本館と南館の間に整備される「中央広場(ステーションコア前)」の鳥瞰完成予想パースです。

出典:世界貿易センタービルディング/鹿島建設/東京モノレール/東日本旅客鉄道 ニュースリリース









世界貿易センタービル本館と南館の間に整備される「中央広場(ステーションコア前)」の完成予想パースです。

出典:世界貿易センタービルディング/鹿島建設/東京モノレール/東日本旅客鉄道 ニュースリリース










「中央広場(東京モノレール改札前)」の完成予想パースです。

出典:世界貿易センタービルディング/鹿島建設/東京モノレール/東日本旅客鉄道 ニュースリリース








世界貿易センタービルディング本館 A-2棟

世界貿易センタービルディング本館 A-2棟は、世界貿易センタービル別館跡地に建設される地上8階、地下3階、高さ50mの中層棟で、地下に電力設備、低層部分にバスターミナルや交通サービスコート、中層部分に歩行者広場、高層部分にレセプション会場、カンファレンスセンター、屋上庭園が入ります。











西側から見た建設中の世界貿易センタービルディング本館 A-2棟の様子です。












A-2棟上部の屋上庭園の完成予想パースです。
緑化面積は約12,000㎡となり、地域冷暖房施設(DHC)の導入や太陽光発電の採用により、CASBEEにおける「評価ランクS」相当を目指すものとされています。

出典:内閣府






地下1階に設けられる「次世代モビリティ乗降場イメージ」です。
自転車や次世代モビリティなど、浜松町駅と周辺地域を結ぶ二次交通の充実に加え、「MaaS」の導入検討により、公共交通の利便性を更に高め、マイカーへの依存軽減など環境負荷の少ない交通環境の実現にも寄与する計画です。

出典:内閣府





世界貿易センタービルディング モノレール棟

世界貿易センタービルディング モノレール棟は、モノレール浜松町駅ビルの建替工事となっており、地上5階、高さ33.650mの駅舎、店舗、駐車場から構成される中層ビルとなります。

1964年の開業から58年が経過した駅施設を更新し、防災機能の強化を図るほか、改札口を3階に集約、ステーションコアと接続し、他交通機関との乗換利便性の向上、交通結節点機能強化を図るものとされています。










北東側から見た世界貿易センタービルディング モノレール棟の様子です。











世界貿易センタービルディング モノレール棟に設けられる東京モノレール浜松町駅「改札口・歩行者広場」の完成予想パースです。
改札口は現在2階と3階に分かれていますが、3階に集約されます。

出典:東京モノレール ニュースリリース









「プラットホーム」の完成予想パースです。
ホームドアも設置されます。

出典:東京モノレール ニュースリリース
 







世界貿易センタービルディング南館 A-3棟

世界貿易センタービルの再開発事業「(仮称)浜松町二丁目4地区A街区」では、先行して地上39階、地下3階、高さ197.317mの「世界貿易センタービルディング南館」が竣工しています。











日本生命浜松町クレアタワー

世界貿易センタービル本館の西側隣接地である(仮称)浜松町二丁目4地区B街区には、地上29階、地下3階、高さ156mの超高層ビル「日本生命浜松町クレアタワー」が竣工しています。










2022年6月26日更新
スポンサーサイト



港区の超高層ビル・タワーマンション
■北海道の超高層ビル・タワーマンション (32)
┣  札幌市の超高層ビル・タワーマンション (30)
┣  小樽市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  帯広市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  占冠村の超高層ビル・タワーマンション (0)
┗  留寿都村の超高層ビル・タワーマンション (0)
■東北の超高層ビル・タワーマンション (32)
┣  宮城県仙台市の超高層ビル・タワーマンション (23)
┣  山形県の超高層ビル・タワーマンション (2)
┗  福島県の超高層ビル・タワーマンション (7)
■群馬県の超高層ビル・タワーマンション (6)
■ 栃木県の超高層ビル・タワーマンション (25)
■茨城県の超高層ビル・タワーマンション (10)
┣  水戸市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┗  つくば市の超高層ビル・タワーマンション (4)
■東京都の超高層ビル・タワーマンション (1369)
┣  港区の超高層ビル・タワーマンション (385)
┣  千代田区の超高層ビル・タワーマンション (183)
┣  新宿区の超高層ビル・タワーマンション (119)
┣  江東区の超高層ビル・タワーマンション (73)
┣  中央区の超高層ビル・タワーマンション (185)
┣  品川区の超高層ビル・タワーマンション (59)
┣  渋谷区の超高層ビル・タワーマンション (142)
┣  豊島区の超高層ビル・タワーマンション (57)
┣  墨田区の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  荒川区の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  文京区の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  台東区の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  江戸川区の超高層ビル・タワーマンション (10)
┣  大田区の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  中野区の超高層ビル・タワーマンション (11)
┣  北区の超高層ビル・タワーマンション (6)
┣  練馬区の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  世田谷区の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  目黒区の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  足立区の超高層ビル・タワーマンション (6)
┣  板橋区の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  葛飾区の超高層ビル・タワーマンション (23)
┣  杉並区の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  八王子市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  府中市の超高層ビル・タワーマンション (7)
┣  小金井市の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  町田市の超高層ビル・タワーマンション (12)
┣  武蔵野市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  調布市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  国分寺市の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  稲城市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  立川市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  三鷹市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  東村山市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  多摩市の超高層ビル・タワーマンション (11)
┗  東京都 その他の市町村 (5)
■神奈川県の超高層ビル・タワーマンション (312)
┣  横浜市の超高層ビル・タワーマンション (161)
┣  川崎市の超高層ビル・タワーマンション (61)
┣  横須賀市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  海老名市の超高層ビル・タワーマンション (44)
┣  相模原市の超高層ビル・タワーマンション (17)
┣  藤沢市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  厚木市の超高層ビル・タワーマンション (18)
┣  座間市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  小田原市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┗  伊勢原市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 埼玉県の超高層ビル・タワーマンション (88)
┣  さいたま市の超高層ビル・タワーマンション (35)
┣  川口市の超高層ビル・タワーマンション (24)
┣  所沢市の超高層ビル・タワーマンション (12)
┣  蕨市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  富士見市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  川越市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  桶川市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  春日部市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  上尾市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  新座市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  和光市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  ふじみ野市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┗  三郷市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■千葉県の超高層ビル・タワーマンション (72)
┣  千葉市の超高層ビル・タワーマンション (25)
┣  浦安市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  習志野市の超高層ビル・タワーマンション (6)
┣  柏市の超高層ビル・タワーマンション (27)
┣  船橋市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  佐倉市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  市川市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  八千代市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  流山市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  印西市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  松戸市の超高層ビル・タワーマンション (5)
┗  鴨川市の超高層ビル・タワーマンション (3)
■長野県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■新潟県の超高層ビル・タワーマンション (10)
■富山県の超高層ビル・タワーマンション (4)
■石川県の超高層ビル・タワーマンション (3)
■福井県の超高層ビル・タワーマンション (9)
■静岡県の超高層ビル・タワーマンション (44)
┣  静岡市の超高層ビル・タワーマンション (20)
┣  浜松市の超高層ビル・タワーマンション (10)
┣  藤枝市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┗  熱海市の超高層ビル・タワーマンション (4)
■ 愛知県の超高層ビル・タワーマンション (926)
┣  名古屋市の超高層ビル・タワーマンション (779)
┣  春日井市の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  岡崎市の超高層ビル・タワーマンション (12)
┣  豊橋市の超高層ビル・タワーマンション (20)
┣  小牧市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  豊田市の超高層ビル・タワーマンション (21)
┣  安城市の超高層ビル・タワーマンション (21)
┣  西尾市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  一宮市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  岩倉市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  日進市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  長久手市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  尾張旭市の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  瀬戸市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  南知多町の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  刈谷市の超高層ビル・タワーマンション (28)
┣  知立市の超高層ビル・タワーマンション (11)
┗  東海市の超高層ビル・タワーマンション (2)
■岐阜県の超高層ビル・タワーマンション (52)
┣  岐阜市の超高層ビル・タワーマンション (38)
┣  大垣市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  多治見市の超高層ビル・タワーマンション (12)
┗  美濃加茂市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 三重県の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  四日市市の超高層ビル・タワーマンション (5)
┣  津市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  桑名市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┗  松坂市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 大阪府の超高層ビル・タワーマンション (400)
┣  大阪市の超高層ビル・タワーマンション (370)
┣  東大阪市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  泉佐野市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  堺市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  高槻市の超高層ビル・タワーマンション (10)
┣  守口市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  枚方市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  寝屋川市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  豊中市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  摂津市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  八尾市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┗  大阪府 その他の市町村 (5)
■兵庫県の超高層ビル・タワーマンション (50)
┣  神戸市の超高層ビル・タワーマンション (38)
┣  西宮市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  尼崎市の超高層ビル・タワーマンション (5)
┣  明石市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┗  宝塚市の超高層ビル・タワーマンション (2)
■ 京都府の超高層ビル・タワーマンション (4)
■滋賀県の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  大津市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┗  草津市の超高層ビル・タワーマンション (8)
■ 和歌山県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 岡山県の超高層ビル・タワーマンション (17)
■広島県の超高層ビル・タワーマンション (25)
■四国の超高層ビル・タワーマンション (2)
■ 山口県の超高層ビル・タワーマンション (3)
■ 福岡県の超高層ビル・タワーマンション (39)
■ 佐賀県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■大分県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■長崎県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 熊本県の超高層ビル・タワーマンション (5)
■ 鹿児島県の超高層ビル・タワーマンション (5)
■まちづくり・都市開発 (254)
┣  首都圏(広域関東圏)の都市開発・再開発・TOD (93)
┣  名古屋圏の都市開発・再開発・TOD (139)
┣  関西圏の都市開発・再開発・TOD (6)
┗  地方都市圏の都市開発・再開発・TOD (14)
■ 都市鉄道整備 (184)
┣  首都圏(広域関東圏)の都市鉄道整備 (70)
┣  名古屋圏の都市鉄道整備 (62)
┣  関西圏の都市鉄道整備 (4)
┣  地方都市圏の都市鉄道整備 (16)
┣  リニア中央新幹線 工事進捗 (9)
┗  鉄道車両 (8)
■海外の超高層ビル・都市開発計画 (61)
┣  中国の超高層ビル・都市開発計画 (29)
┣  インドネシアの超高層ビル・都市開発計画 (2)
┣  アメリカの超高層ビル・都市開発計画 (2)
┣  アジア・アラブ諸国の超高層ビル・都市開発計画 (8)
┣  欧州(ヨーロッパ)の超高層ビル・都市開発計画 (10)
┗  その他の国の超高層ビル・都市開発計画 (9)
□風景写真 (176)
□その他 (60)
┣  □2020東京五輪関連 (5)
┣  □2025大阪万博関連 (1)
┣  □ 模型 (0)
┣  □超高層ビルのデザイン (Design of Skyscraper ) (2)
┣  □名古屋都市圏 近未来マップ (4)
┣  □ 家電、ガジェット (2)
┗  ★卒業設計 ~瀬戸グランドキャニオンの都市開発計画~ (11)
□ 過去の記事(gooブログ時代) (92)
◇閲覧数 (8)
◇都道府県・分野別リスト (1)
建設中/計画中 超高層ビル・タワーマンションリスト (115)