超高層ビル・都市開発研究所

ハチ公前広場の青ガエルは秋田犬の里へ!渋谷駅前の再開発で建設が進む“渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)”2022年10月建設状況

2022/10/29
渋谷区の超高層ビル・タワーマンション
渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)

渋谷スクランブルスクエアは東京都渋谷区渋谷に竣工した地上47階、地下7階、高さ229.706mの超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期 (東棟)」と、建設が進められている地上10階、地下2階、高さ約61mの「渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟)」、地上13階、地下5階、高さ約76mの「渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (西棟)」から構成される大規模複合再開発事業です。

再開発区域は、渋谷駅及び交通広場の歩行者動線の複雑さや歩行者空間の不足、適正な土地の高度利用が図れず老朽化した建築物の更新が進んでいないなど、駅施設の利便性や歩行者空間の快適性を阻害する要因が多く、ターミナル駅にふさわしい都市基盤が十分に確保されていないことが課題となっていました。
課題解決のため、業務、商業、文化・情報発信機能等の集積・強化を図るほか、鉄道改良事業、渋谷駅街区土地区画整理事業注)と連携し、駅と周辺地域とのネットワークを強化するために、計画地内での適切な歩行者動線や広場空間等を整備し、地域に貢献する事業を行うことを目的として再開発が進められています。

2017年8月に渋谷駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)の正式名称が「渋谷スクランブルスクエア」に決定し、2019年11月1日に第Ⅰ期(東棟)が開業、多様な人々を渋谷の街に惹きつけ、混じり合うことにより、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージにしたい、という想いが込められています。
施設構成としては、渋谷駅周辺最大級となる賃貸面積約73,000㎡のオフィスのほか、エンタテイメントシティ「渋谷」の魅力を高める屋外、屋内の展望施設、店舗面積約30,000㎡の大規模商業施設が入っています。
また、渋谷スクランブルスクエアの屋上、高さ230m地点には屋外展望台「SHIBUYA SKY (渋谷スカイ)」が設けられ、渋谷で最も高い展望台となっています。


渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)は、JR渋谷駅直上と東急百貨店東横店西館、南館跡地に建設中で、こちらは竣工予定が2028年3月末となっています。
規模は、JR渋谷駅直上の中央棟が地上10階、地下2階、高さ約61m、東急百貨店東横店西館、南館跡地に建設される西棟が地上13階、地下5階、高さ約76mとなります。
施設構成は、地下に駐車場や機械室、中央棟の1~2階にJR渋谷駅、3階に駅コンコース、中高層部分に店舗となります。

建築主は東急、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京地下鉄(東京メトロ)、設計は渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)、施工は中央棟高層部(JR鉄道部分)が渋谷駅改良(中央)工事共同企業体 (大成建設)、中央棟低層部(JR鉄道部分)が渋谷駅改良(北)工事共同企業体(鹿島建設)、中央棟(ビル部分)が(東京メトロ鉄道部分)です。


着工は2014年6月10日、東棟の竣工が2019年9月、東急百貨店東横店西館、南館の解体着手が2020年10月12日、竣工が2028年3月末となっており、2022年10月時点では、東急百貨店東横店西館、南館の解体工事が進められ、JR渋谷駅直上では鉄骨建方が進められていました。







参考資料、引用元

東急 渋谷駅周辺地区における再開発事業の進捗について
東急 渋谷再開発情報サイト
渋谷スクランブルスクエア 公式サイト
東急電鉄/東日本旅客鉄道/東京地下鉄 渋谷駅街区開発計画の施設名称が「渋谷スクランブルスクエア」に決定 オフィス・商業施設のリーシングを開始 -2019年度、渋谷エリア最高となる高さ約230メートル、地上47階建の第Ⅰ期(東棟)開業ー
東急電鉄/東日本旅客鉄道/東京地下鉄 渋谷駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)への展望施設設置について ~日本最大級の規模を誇る屋外展望施設が渋谷駅直上に誕生~
東京急行電鉄/東日本旅客鉄道/東京地下鉄 渋谷駅街区開発計画の施設名称が「渋谷スクランブルスクエア」に決定 オフィス・商業施設のリーシングを開始 -2019年度、渋谷エリア最高となる高さ約230メートル、地上47階建の第Ⅰ期(東棟)開業
東京急行電鉄/東日本旅客鉄道/東京地下鉄 渋谷駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)への展望施設設置について ~日本最大級の規模を誇る屋外展望施設が渋谷駅直上に誕生~
東京急行電鉄/東急 渋谷駅周辺地区における再開発事業の進捗について○「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」の開業時期、展望施設および産業交流施設の名称・ロゴデザインなどが決定 ○「道玄坂一丁目駅前地区」のビル名称・ロゴデザインなどが決定
環境影響評価書案 渋谷駅街区開発事業
渋谷駅・東急東横店は、2020年3月31日(火)をもって営業を終了
東急 2021年7月、渋谷駅東口エリアに歩行者デッキ「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」がオープン!~歩行者ネットワークが拡充され、新たな賑わいや憩いの空間が誕生します~





過去の記事

→2014年12月9日投稿 渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟
→2015年12月9日投稿 渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟
→2016年4月3日投稿 渋谷駅街区開発計画Ⅰ期
→2016年8月31日投稿 渋谷駅街区開発計画Ⅰ期
→2017年2月25日投稿 渋谷駅街区開発計画Ⅰ期
→2017年10月3日投稿 渋谷スクランブルスクエア
→2017年11月26日投稿 渋谷スクランブルスクエア
→2018年3月9日投稿 渋谷スクランブルスクエア
→2018年7月22日投稿 渋谷スクランブルスクエア
→2018年10月11日投稿 渋谷スクランブルスクエア
→2019年2月1日投稿 渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)
→2019年4月7日投稿 渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)
→2019年8月18日投稿 渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟) 
→2019年11月28日投稿 渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期 (東棟) 、渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)
→2020年12月11日投稿 渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)
→2021年7月22日投稿 渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)
→2022年3月7日投稿 渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)
→2022年8月1日投稿 渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)






関連記事

→2019年8月18日投稿 渋谷スクランブルスクエア展望台「渋谷スカイ」から見た景色vol.1& 展望台への行き方 & ヘリポートで寝転んでみた!
→2019年11月11日投稿 渋谷スクランブルスクエア展望台「渋谷スカイ」から見た景色vol.2 & ハンモックで寝てみた!
→2019年11月12日投稿 渋谷スクランブルスクエア展望台「渋谷スカイ」から見た景色vol.3 & 記念写真コーナー!
2022年10月7日投稿 渋谷スクランブルスクエア展望台「SHIBUYA SKY (渋谷スカイ)」から見た景色2022年10月












概要※渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)

名称渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)
計画名渋谷駅地区駅街区開発計画 中央棟・西棟
nameShibuya Scramble Square
中文名涩谷争夺广场
所在地東京都渋谷区渋谷2丁目24番1ほか
用途物販店舗、飲食店舗、事務所、駅施設、駐車場等
階数中央棟:地上10階、地下2階
西棟:地上13階、地下5階
高さ中央棟:約61m
西棟:約76m
構造鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法直接基礎、一部杭基礎
敷地面積15,275.55㎡
建築面積18,216.49㎡
延床面積276,617.80㎡ (東棟:約181,000㎡)
着工2014年6月10日※街区全体 (解体着手2020年10月12日)
竣工2028年3月末 (東棟:2019年9月)
建築主東急、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京地下鉄(東京メトロ)
設計渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
施工中央棟高層部(JR鉄道部分):渋谷駅改良(中央)工事共同企業体 (大成建設)
中央棟低層部(JR鉄道部分):渋谷駅改良(北)工事共同企業体(鹿島建設)
中央棟(ビル部分)(東京メトロ鉄道部分)・西棟:---
最寄駅渋谷






概要※渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期 (東棟)

名称渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期 (東棟)
計画名渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟
nameShibuya Scramble Square
中文名涩谷争夺广场
所在地東京都渋谷区渋谷2丁目24番1ほか
用途物販店舗、飲食店舗、事務所、駅施設、駐車場等
階数地上47階、地下7階
高さ229.706m
構造鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法直接基礎、一部杭基礎
敷地面積15,275.55㎡
建築面積18,216.49㎡
延床面積276,617.80㎡ (東棟:約181,000㎡)
着工2014年6月10日
竣工2028年3月末 (東棟:2019年9月)
建築主東京急行電鉄、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京地下鉄(東京メトロ)
設計渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
施工東急建設、大成建設共同企業体
最寄駅渋谷

(2022年10月2日/2022年10月23日撮影)






建築計画の概要板

▼建築計画の概要

▼解体計画の概要





位置図





区域図


出典:東京都



配置図


出典:東京都




断面図


出典:東京都




イメージパース


出典:東急不動産















北西側、渋谷スクランブル交差点から見た既存建築物の解体、除去が進む渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 西棟の様子です。













解体が進み、手前側は2階レベルの躯体まで取り壊されていました。












渋谷駅ハチ公前広場の様子です。

北西側の東急百貨店西館跡地には、ハチ公前広場の一部となる東口立体交通広場の整備が行われ、ハチ公前広場へ向けて大階段が設けられます。











北西側から見た既存建築物の解体、除去が進む渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 西棟の様子です。












北東側から見た既存建築物の解体、除去が進む渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 西棟の様子です。











北東側から見た既存建築物の解体、除去が進む渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 中央棟(先端)の様子です。












JR渋谷駅直上の渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 中央棟(先端)も鉄骨建方が進んできました。












西側から見た渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)計画地の様子です。
JR渋谷駅南改札側の既存建築物のうち、地上8階、地下2階の東急百貨店東横店 南館の様子です。
解体が進むこちらの南館は1970年竣工となっています。










渋谷フクラスからペデストリアンデッキが既に伸びており、途中で切れていますが、ペデストリアンデッキが切れているあたりまで西棟となります。また、こちらのデッキは西棟に接続され、渋谷スクランブルスクエア、渋谷ヒカリエを経由して渋谷駅東側までバリアフリーで移動可能になります。













ペデストリアンデッキの様子です。
 











渋谷駅西口のバス停があった場所でも工事に着手されていました。こちらには「渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (西棟)」が建設されます。












南西側から見た解体が進む「東急東横店 西館」の様子です。

既存建築物のうち、地上10階、地下2階建ての東急百貨店東横店 西館がこちらになり、設計は建築家の坂倉準三、西館は東急会館として1954年に建設されました。












南西側から見た建設中の渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟/西棟)の様子です。












地上47階、地下7階、高さ229.706mの超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期 (東棟)」の様子です。











西側、渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期 (東棟)から見た建設中の渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟/西棟)の様子です。













渋谷も再開発が進み、ようやく超高層化が始まりました。渋谷の超高層ビルはガラスファサードでありながらもネオンサインなど広告性ある演出やガラスと金属を多用した近未来的なSFチックな感じの意匠を持つものが多い印象です。














渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟/西棟)は既存建築物の解体と新築ビルの建設工事が同時並行で進められています。
JR渋谷駅直上は線路の移設などが行われ、既に鉄骨建方が進められていますが、東急百貨店東横店西館、南館跡地は現在も継続して既存建築物の解体、除去が行われています。













数多くの人が行き交い、人口密度が高いことからか解体工事もかなりスローペースで丁寧に進められているように見えます。













渋谷ヒカリエから見た建設中の渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 中央棟北側先端部分の様子です。

渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 中央棟北側先端部分はJR山手線などの直上に建設されます。
既に鉄骨建方が進められ、線路上に柱や梁、作業構台が設置されていることが確認できます。












渋谷スクランブルスクエアの展望台から見た建設中の渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟/西棟)の様子です。












渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟/西棟)は渋谷の街の新たな玄関口となります。
パース上では渋谷駅から大階段も設置されるようなので、センター街方面も見通せるようになるかもしれませんね。













渋谷スクランブルスクエア全体の完成予想パースです。

出典:東京急行電鉄/東日本旅客鉄道/東京地下鉄










渋谷スクランブルスクエア展望台から見下ろした渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期 (中央棟・西棟)や広場の様子です。

出典:東京急行電鉄/東日本旅客鉄道/東京地下鉄











東急グループや東急不動産等が推し進める渋谷駅の大規模再開発計画全体の鳥瞰パースです。

出典:東京急行電鉄/東日本旅客鉄道/東京地下鉄








秋田犬の里に譲渡された青ガエル


秋田県大館市のJR大館駅前にある「秋田犬の里」には、渋谷駅ハチ公前広場で観光案内所として活用されていた旧東急電鉄(現:東急)の鉄道車両5000系「青ガエル」が2020年に移設されました。

大館市と渋谷区は、忠犬ハチ公像のモデルとなった秋田犬・ハチの生まれ故郷が大館市であることから、2001年に防災時における協定を結ぶなど都市間交流を行ってきた縁があり、再開発事業を機会に「親交の象徴」として「秋田犬の里」の休憩スペースとして活用されることとなりました。












「秋田犬の里」の様子です。











ハチ公前広場に設置されていた頃の「青ガエル」です。











2020年10月1日には新たな観光案内所「SHIBU HACHI BOX」が開業しています。
国家戦略特区道路占用事業制度の活用を目指し、実証実験を行なうため渋谷駅前エリアマネジメントが設置しています。
渋谷駅前で観光案内機能と、まちの情報発信機能を備えた新たな渋谷の観光情報発信拠点として、渋谷区観光協会が運営しており、地域イベント・グルメ・ショッピング・宿泊情報など、渋谷の観光資源情報を国内外の観光客に発信していくものとされています。












2014年3月11日から渋谷スクランブルスクエアの再開発を撮り続けていますが、遂に8年半が経過しました。







2022年10月29日更新
渋谷区の超高層ビル・タワーマンション
■北海道の超高層ビル・タワーマンション (32)
┣  札幌市の超高層ビル・タワーマンション (30)
┣  小樽市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  帯広市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  占冠村の超高層ビル・タワーマンション (0)
┗  留寿都村の超高層ビル・タワーマンション (0)
■東北の超高層ビル・タワーマンション (48)
┣  青森県の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  秋田県の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  岩手県の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  宮城県の超高層ビル・タワーマンション (32)
┣  山形県の超高層ビル・タワーマンション (2)
┗  福島県の超高層ビル・タワーマンション (7)
■群馬県の超高層ビル・タワーマンション (6)
■ 栃木県の超高層ビル・タワーマンション (27)
■茨城県の超高層ビル・タワーマンション (10)
┣  水戸市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┗  つくば市の超高層ビル・タワーマンション (4)
■東京都の超高層ビル・タワーマンション (1482)
┣  港区の超高層ビル・タワーマンション (425)
┣  千代田区の超高層ビル・タワーマンション (200)
┣  新宿区の超高層ビル・タワーマンション (123)
┣  江東区の超高層ビル・タワーマンション (74)
┣  中央区の超高層ビル・タワーマンション (193)
┣  品川区の超高層ビル・タワーマンション (68)
┣  渋谷区の超高層ビル・タワーマンション (152)
┣  豊島区の超高層ビル・タワーマンション (60)
┣  墨田区の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  荒川区の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  文京区の超高層ビル・タワーマンション (11)
┣  台東区の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  江戸川区の超高層ビル・タワーマンション (11)
┣  大田区の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  中野区の超高層ビル・タワーマンション (16)
┣  北区の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  練馬区の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  世田谷区の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  目黒区の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  足立区の超高層ビル・タワーマンション (6)
┣  板橋区の超高層ビル・タワーマンション (12)
┣  葛飾区の超高層ビル・タワーマンション (25)
┣  杉並区の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  八王子市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  府中市の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  小金井市の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  町田市の超高層ビル・タワーマンション (12)
┣  武蔵野市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  調布市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  国分寺市の超高層ビル・タワーマンション (8)
┣  稲城市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  立川市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  三鷹市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  東村山市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  多摩市の超高層ビル・タワーマンション (12)
┗  東京都 その他の市町村 (5)
■神奈川県の超高層ビル・タワーマンション (329)
┣  横浜市の超高層ビル・タワーマンション (169)
┣  川崎市の超高層ビル・タワーマンション (68)
┣  横須賀市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  海老名市の超高層ビル・タワーマンション (44)
┣  相模原市の超高層ビル・タワーマンション (17)
┣  藤沢市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  厚木市の超高層ビル・タワーマンション (18)
┣  座間市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  小田原市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┗  伊勢原市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 埼玉県の超高層ビル・タワーマンション (96)
┣  さいたま市の超高層ビル・タワーマンション (41)
┣  川口市の超高層ビル・タワーマンション (25)
┣  所沢市の超高層ビル・タワーマンション (13)
┣  蕨市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  富士見市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  川越市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  桶川市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  春日部市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  上尾市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  新座市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  和光市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  ふじみ野市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┗  三郷市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■千葉県の超高層ビル・タワーマンション (80)
┣  千葉市の超高層ビル・タワーマンション (29)
┣  浦安市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  習志野市の超高層ビル・タワーマンション (6)
┣  柏市の超高層ビル・タワーマンション (27)
┣  船橋市の超高層ビル・タワーマンション (5)
┣  佐倉市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  市川市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  八千代市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  流山市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  印西市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  松戸市の超高層ビル・タワーマンション (5)
┗  鴨川市の超高層ビル・タワーマンション (4)
■長野県の超高層ビル・タワーマンション (2)
■山梨県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■新潟県の超高層ビル・タワーマンション (11)
■富山県の超高層ビル・タワーマンション (4)
■石川県の超高層ビル・タワーマンション (4)
■福井県の超高層ビル・タワーマンション (9)
■静岡県の超高層ビル・タワーマンション (44)
┣  静岡市の超高層ビル・タワーマンション (20)
┣  浜松市の超高層ビル・タワーマンション (10)
┣  藤枝市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┗  熱海市の超高層ビル・タワーマンション (4)
■ 愛知県の超高層ビル・タワーマンション (958)
┣  名古屋市の超高層ビル・タワーマンション (808)
┣  春日井市の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  岡崎市の超高層ビル・タワーマンション (12)
┣  豊橋市の超高層ビル・タワーマンション (20)
┣  小牧市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  豊田市の超高層ビル・タワーマンション (21)
┣  安城市の超高層ビル・タワーマンション (22)
┣  西尾市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  蒲郡市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  一宮市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  岩倉市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  日進市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┣  長久手市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  尾張旭市の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  瀬戸市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  南知多町の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  刈谷市の超高層ビル・タワーマンション (28)
┣  知立市の超高層ビル・タワーマンション (11)
┗  東海市の超高層ビル・タワーマンション (2)
■岐阜県の超高層ビル・タワーマンション (53)
┣  岐阜市の超高層ビル・タワーマンション (38)
┣  大垣市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  多治見市の超高層ビル・タワーマンション (12)
┗  美濃加茂市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 三重県の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  四日市市の超高層ビル・タワーマンション (6)
┣  津市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  桑名市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┗  松坂市の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 大阪府の超高層ビル・タワーマンション (433)
┣  大阪市の超高層ビル・タワーマンション (402)
┣  東大阪市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  泉佐野市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  堺市の超高層ビル・タワーマンション (0)
┣  高槻市の超高層ビル・タワーマンション (10)
┣  守口市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  枚方市の超高層ビル・タワーマンション (4)
┣  寝屋川市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  豊中市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  摂津市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┣  八尾市の超高層ビル・タワーマンション (3)
┗  大阪府 その他の市町村 (5)
■兵庫県の超高層ビル・タワーマンション (51)
┣  神戸市の超高層ビル・タワーマンション (39)
┣  西宮市の超高層ビル・タワーマンション (2)
┣  尼崎市の超高層ビル・タワーマンション (5)
┣  明石市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┗  宝塚市の超高層ビル・タワーマンション (2)
■ 京都府の超高層ビル・タワーマンション (4)
■滋賀県の超高層ビル・タワーマンション (9)
┣  大津市の超高層ビル・タワーマンション (1)
┗  草津市の超高層ビル・タワーマンション (8)
■ 和歌山県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 岡山県の超高層ビル・タワーマンション (19)
■広島県の超高層ビル・タワーマンション (43)
■香川県の超高層ビル・タワーマンション (9)
■愛媛県の超高層ビル・タワーマンション (3)
■ 山口県の超高層ビル・タワーマンション (3)
■ 福岡県の超高層ビル・タワーマンション (40)
■ 佐賀県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■大分県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■長崎県の超高層ビル・タワーマンション (1)
■ 熊本県の超高層ビル・タワーマンション (5)
■ 鹿児島県の超高層ビル・タワーマンション (5)
■まちづくり・都市開発 (263)
┣  首都圏(広域関東圏)の都市開発・再開発・TOD (96)
┣  名古屋圏の都市開発・再開発・TOD (140)
┣  関西圏の都市開発・再開発・TOD (7)
┗  地方都市圏の都市開発・再開発・TOD (18)
■ 都市鉄道整備 (188)
┣  首都圏(広域関東圏)の都市鉄道整備 (73)
┣  名古屋圏の都市鉄道整備 (62)
┣  関西圏の都市鉄道整備 (4)
┣  地方都市圏の都市鉄道整備 (17)
┣  リニア中央新幹線 工事進捗 (9)
┗  鉄道車両 (8)
■海外の超高層ビル・都市開発計画 (69)
┣  中国の超高層ビル・都市開発計画 (32)
┣  インドネシアの超高層ビル・都市開発計画 (2)
┣  アメリカの超高層ビル・都市開発計画 (2)
┣  アジア・アラブ諸国の超高層ビル・都市開発計画 (9)
┣  欧州(ヨーロッパ)の超高層ビル・都市開発計画 (12)
┗  その他の国の超高層ビル・都市開発計画 (10)
□風景写真 (179)
□その他 (60)
┣  □2020東京五輪関連 (5)
┣  □2025大阪万博関連 (1)
┣  □ 模型 (0)
┣  □超高層ビルのデザイン (Design of Skyscraper ) (2)
┣  □名古屋都市圏 近未来マップ (4)
┣  □ 家電、ガジェット (2)
┗  ★卒業設計 ~瀬戸グランドキャニオンの都市開発計画~ (11)
□ 過去の記事(gooブログ時代) (94)
◇閲覧数 (8)
◇都道府県・分野別リスト (1)
建設中/計画中 超高層ビル・タワーマンションリスト (124)